スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

男性オンリー部署の社員が女性活躍を語る意義

芙蓉総合リース(上)組織を横断して集められた7人の社員が、月1~2回、約8カ月にわたり「女性活躍推進」の方策を検討する


芙蓉総合リース社内で女性活躍の推進に取り組む、第二期「ワーキンググループ」のミーティング風景

2016年7月のランチタイム、芙蓉総合リース株式会社(東京都千代田区)の会議室に7人の社員が集まってきた。20代~40代と年代がバラバラな女性5人と男性2人。彼らは、女性活躍の推進に取り組む「ワーキンググループ」のメンバーだ。社内の各部署から参加しており、月1~2回、1時間半程度のミーティングを行っている。

同社では、女性社員が中長期的なキャリアビジョンを描き、いきいきと働き続けられる職場環境を整備することを目的として、2015年1月に「第一期ワーキンググループ」が発足。様々な部署から選ばれた7人の男女メンバーが「育児・介護との両立支援」をメーンテーマに議論を重ね、『会社で支える子育て支援ガイドブック』を作成した。

第一期の活動は2015年9月に終了。なるべく多くの社員が関われるよう、メンバーを総入れ替えし、2015年12月より第二期の活動が進められている。取り組みの内容、そして活動の前後でどんな変化があったか、「ワーキンググループ」のメンバーや女性社員の声を聞いた。

<芙蓉総合リース株式会社>
設立/1969年 本社/東京都千代田区 従業員数/単体670人、連結1559人(2016年3月31日現在)
情報関連機器、事務用機器、産業機械、工作機械、商業用店舗設備、医療機器、船舶/航空機車両並びに輸送用機器、建築土木機械などのリースおよび割賦販売を手掛ける。設備の導入から管理、処分、あるいは顧客の商品・サービスの販売促進、工場や販売拠点の海外展開など、リース会社ならではのソリューション提案を行う。

4つのテーマを掲げ、様々な部署のメンバーで検討

 第二期「ワーキンググループ」では、以下の4つのテーマごとに話し合いを進めるとともに、社内に浸透させるための資料作成にも取り組んでいる。

● 採用
 総合職採用における女性比率の向上

● 人材育成
 個人別キャリアプランの設計による育成方針の明確化、管理職候補者のキャリア開発支援、ライフイベントなどを見据えたキャリア形成機会の提供

● 風土改革
 意識改革、環境整備、業務スリム化、効率的な時間運営の推進

● 育児・介護との両立支援
 男性社員の育児休業取得推進、短時間勤務制度の緩和、ジョブリターン制度の導入

 二期目スタートから約半年。社内に発信する資料がまとめられた。これからこの資料を各部署に配布し、部署ごとに読み合わせをしてもらって意見や要望を吸い上げたうえで、第三期の取り組み内容を検討していく。これまでのプロセスと取り組んでみての思いについて、第二期「ワーキンググループ」に参加しているメンバーの声を聞いた。

次ページ 「何のために行うのか」を理解したとき...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

100社ルポ「仕事&育児の両立」企業の挑戦

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード