スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

秋冬のキャンプに欠かせない、たき火を楽しもう

【パパ主導で秋冬キャンプに行こう!特集(6)】 心地良いスロータイムのなかでおしゃべり。気づいたらもう深夜!

 秋の行楽シーズン。少し涼しくなってきたこの時期に、家族でキャンプに行って、自然のなかで家族でたき火を眺めながらいろんな話をしてみたいと思うパパは多いのではないでしょうか? とはいえ、いざ、キャンプをやろうにも、テントを設営するような本格的なキャンプは未経験。いったい何から揃えればいいのやら、悩んでしまいがちだ。

 そこで、「OUTDOOR For Everyone!」をテーマに、“ソトで遊び、ソトで食べて、ソトで育てる”「ソトイク」を提案するサイト「PAPA Presents」(パパプレゼンツ)代表で、アウトドアマスターでもある板谷俊明さんに、パパ主導のファミリーキャンプの極意について取材。板谷さんが運営するプライベートキャンプ場「富里キャンプ基地」(千葉県富里市)にパパライターが、娘と妻の3人家族でキャンピングカーに乗って突撃! 2人の娘のパパでもあるキャンプの達人・板谷さんのファシリテーションを受けつつ、ファミリーキャンプの楽しさを体感してきました。

 最終回となる第6回は、アウトドアでは最も重要な火おこしのコツと、キャンプに欠かせないたき火の楽しみ方についてご紹介いたします!また、最後のページでは、全国のキャンプ場を家族で回った経験のある板谷さんがオススメする、ファミリー向けキャンプ場を5つ、厳選してご紹介します。

【パパ主導で秋冬キャンプに行こう!特集】
第1回(上) パパ主導でキャンプに行くと、家族が仲良しに
第1回(下)  友達家族キャンプで活躍できるパパ、いらないパパ
第2回 ファミリーキャンプで最初に揃えるべき厳選ギア
第3回 キャンピングカーを借り買い出し いざキャンプへ
第4回 パパ必見!テントの選び方&スマートな設営方法
第5回 パパのアウトドア料理は、豪快かつシンプルに!
第6回 秋冬のキャンプに欠かせない、たき火を楽しもう ←今回はココ

毎回、苦労する炭の火おこしが、いともカンタンに!?

 夕方になって、日が沈んでくるころ。食事の準備を始めたところで、板谷さんが準備を始めたのは、たき火台と、それを囲むステンレス製の囲炉裏だ。キャンプ初心者なら、まずはバーベキューコンロを用意してしまいがちだが、たき火台のほうがオススメだ。炭火を入れるとバーベキューもできるし、バーベキューが終わったら、薪を入れてキャンプには欠かせないたき火がどこでもできる。

 折り畳み式のコンパクトに収納できるたき火台などもあるが、なるべくシッカリとした作りで長く使えそうなモノを選びたいところ。そろそろバーベキューコンロも古くなってきたので、新しいモノをと考えている人は、たき火台を検討してみるのがいいと思います。

 キャンプ初心者が苦労することと言えば、炭火の火おこし。着火剤を燃やして炭に火をつけるのだけれども、なかなか炭全体に火が回らないために、必死にバタバタとうちわをあおいでみる。結局、火おこしに時間がかかってしまって、30分過ぎてもバーベキューが始められないといった経験が私自身、何度もある。

 アウトドアの達人である板谷さんは、いったいどうやって火おこしをするのか、尋ねてみると、驚くべき答えが返ってきた。

 「炭火に火をつけるのに、そんなに苦労することはありませんよ。火起こしにはいろんな方法がありますが、初心者でもカンタンにできるいいモノがありますから、ご紹介しますね!」

 そう言って板谷さんが持ってきたのは、ステンレス製の三角柱の物体。炭の火おこし器で、チャコールスターターと呼ばれる、通称、チャコスタだ。

 チャコスタの底にまずは着火剤となる炭を置き、その上に炭を重ねるように入れてトーチバーナーで底面から着火するだけ。そのまま放っておけば煙突効果によって空気が自然に循環するので、10分ほどで、すべての炭に火が回るのだという。

 にわかには信じられなかったが、着火した火が、ゆっくりと炭全体に行き渡っていく。10分が経過したころには、燃える炭火でチャコスタが真っ赤になりました!


着火剤となる炭を底に入れて、着火するだけでOKのチャコスタ

 これまでの炭火おこしの苦労はいったい何だったのか……と、考えさせられるほど、楽々と、しかも短時間で炭火の火おこしが完了。今回のキャンプ体験取材で、最も目からウロコな衝撃的体験だった。

 「適当に炭を入れて着火剤に火をつければ、誰でもカンタンに火おこしできますが、最も効率のよい炭の組み方がありますよ」と板谷さんは言う。

 まずは、底に着火剤となる、燃えやすい炭を入れて、その上に長持ちする備長炭の細かい炭を敷きつめる。その上に大きめの炭を入れると、効率よく火おこしができるのだとか。こんなに便利なモノがあるとは知りませんでした。アマゾンなどでチェックしてみたら、数千円程度。チャコスタも、最初にそろえるキャンプギアのひとつとしてオススメしたいと思います!


チャコスタであっという間に炭の火おこしは完了


色々ご指南いただいた板谷さんに感謝を込めて乾杯!

<次ページからの内容>
・パパのアウトドア“漢の料理”を堪能!
・キャンプ最大の醍醐味、たき火を家族で楽しもう!
・ファミリーキャンプで大事なこと
・板谷さんオススメのファミリー向けキャンプ場5選

次ページ パパのアウトドア“漢の料理”を堪能!...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

パパ主導で秋冬キャンプに行こう!特集

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード