スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中学受験 塾での学年が上がる3カ月前の今が勝負

子育て・教育

中学受験 塾での学年が上がる3カ月前の今が勝負

新学年スタートダッシュセミナー(1)/やる気スイッチなんてどこにもない。でも、その代わりにできることはある

去る10月25日、本連載でおなじみの中学受験専門のプロ家庭教師の西村則康先生と、中学受験専門個別指導教室SS-1代表の小川大介先生による中学受験対策セミナー「新学年 スタートダッシュのための進学セミナー」が開催されました。テーマは、来年2月、塾の新学期を迎える前の「この『3カ月』にやっておくべきこと」。

以後、3回に分けて、このセミナーのポイントをご紹介します。ひとくちに新学期といっても、学年によってやるべきことは異なります。第1回は、この「3カ月」が何を意味し、どんな過ごし方をするのが望ましいかをお伝えします。

塾の学年が一つ上がることにより、何が変わるのか?


中学受験専門個別指導教室SS-1代表の小川大介先生

 11月になり、塾の新学年を迎えるまであと3カ月となりました。この「3カ月」と聞いて、中学受験を考えているご家庭の皆さんはどう感じられるでしょうか? 「えー!? もう新6年生になってしまうの?」「どうしよう! 新学年になるまでになんとかクラスを上げさせなくちゃ!」と焦っている方もいるでしょうし、「えっ? 何のこと?」と、この3カ月の重要性に気づかず、まだ何も感じていない方もいるかもしれません。

 「ハッキリ言います。中学受験の進め方で重要なのは『新学年でいかに好スタートを切れるか』です。新学年になるまであと3カ月。この3カ月に何をするかを明確に決め実行する子と、何をしてよいのか分からずただ闇雲に勉強をしてしまう子とでは、その結果に大きな差が出ます」

 開口一番、そう話すのは、中学受験専門個別指導教室SS-1代表の小川大介先生です。

 では、なぜこの3カ月が重要なのでしょうか?

 小川先生はこう話します。

 「中学受験をするのなら、今の時代は大手進学塾に通うことは必須です。なぜなら大手進学塾には、中学受験に必要なカリキュラムがすべてそろっているからです。しかし、そのカリキュラムは、テキストも含め、成績が優秀な子を基準に作られています。そして、授業もそのカリキュラムに沿って進められていくため、上位クラスと下位クラスとでは、学習の深度も取り組む問題の難易度も違ってきます」

 「にもかかわらずサピックスなどでは、クラスのレベルにかかわらず、同じ内容のテストが実施されます。下位クラスでは授業で習っていないことも出題されるため、思うように点は取れません。つまり、一度クラスが決まると後になって挽回するのが難しいということです。そして、それは時間が経てば経つほど困難な状態になります。ですから、できるだけ早くクラスを上げておくことが望ましいのです。特に新学年を迎える前、またはそのタイミングでクラスを上げることが大事です

 以前の記事「中学受験 大手塾の入塾テストを甘く見ると後悔する」でもお伝えしましたが、大手進学塾は上位クラスにいるほど、有利なシステムになっています。ですから、できるだけ早くクラスを上げることが望ましいというのは理解できます。

 でもなぜ、新学年に上がる前のこのタイミングでの“クラスアップ”が重要なのでしょうか?

※ 大好評の日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ!』の[新版]が出版されました!

昨年発売し、ご好評につき3刷りした書籍『中学受験 基本のキ!』(日経BP社)の[新版]が2016年10月18日に発売となりました。本書では「中学受験に興味はあるけれど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までのお子さんと親御さん向けの情報が満載です。中身も共著者により、最新情報に更新され、併願パターンは74校の学校が登場する充実ぶりです! Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書を、ぜひお役立てください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [新版]』 発売!
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する

●Amazonで購入する

※ 『中学受験 基本のキ![新版]』共著者の話を直接聴ける
  「発売記念特別セミナー」開催!

日経DUALフォーラム特別企画 『中学受験 基本のキ!新版』発売記念 「カリスマ講師2人が教える 『本番で勝てる中学受験生の育て方』」 を開催します。中学受験は親にとっても子どもにとっても学びの多い“親子共同プロジェクト”です。日経DUAL連載「共働き中学受験 基本のキ」でおなじみの経験豊富な2人の先生が、2020年の教育改革に向け中学受験がどう変わるのかという大きな流れから、シーンやタイプ別の中学受験に向けた親と子の関わり方指南まで、ズバリ解説します。

日時/2016年12月3日(土) 15:00~16:10
会場/東京ミッドタウン カンファレンスRoom1~4(東京都港区赤坂9-7)
講師/西村則康先生(家庭教師 名門指導会 代表)&小川大介先生(中学受験専門個別指導教室SS-1 代表)
受講料/
・書籍『中学受験 基本のキ!新版』をご持参いただく方(書籍なし)の受講料:1,380円(税込)
・書籍を会場で受け取る方(書籍付き)の受講料:3,000円(税込)

「カリスマ講師2人が教える 『本番で勝てる中学受験生の育て方』」は、こちらからお申し込みください。

↓↓↓

http://woman-expo.com/tokyo-winter/session/session-detail?m=1&eid=119

次ページ 3カ月後、「学習量」と「勉強の質」は...

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード