スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

IDCフロンティア ロボットで自宅から会議に参加

“分身”がオフィスを自由に移動して会話に参加 中途採用者への支援も手厚く

 前回の記事「週4や週6勤務も選べる IDCフロンティアの働き方」では、(株)IDCフロンティア(東京都千代田区紀尾井町)にて、妊娠中・育児中・介護中の社員が働きやすい仕組み「フルサポート制度」の事例についてお伝えしました。今回は、この制度内で「Fワーク勤務」といって、自宅もしくは実家で月2回勤務ができる制度と、さらに「中途入社社員は1カ月の有給休暇」「試用期間満了後に100万円の祝い金」という制度についてお伝えします。特にAI時代に注目の、ロボットを使って、自宅にいながら会議に参加している姿・・・必見です!!

<前編の記事> 週4や週6勤務も選べる IDCフロンティアの働き方

自宅でも疎外感を覚えない在宅勤務システムを試験導入

―― 妊娠中・育児中・介護中社員向けの「フルサポート制度」のメニューにある、「Fワーク勤務」というのはどのようなものでしょうか。

枝松茂幸さん(コーポレート管理本部 人事部)(以下、敬称略) 月に2回、自宅もしくは実家で勤務できるという制度です。実は、今日はこの場には来られなかったのですが、ちょうど在宅で仕事をしている者が、トライアルとしてネットでつながっていますので、ご紹介させていただきます。(ロボットが会議室に入ってくる)。

―― うわ(驚)! ロボット……自由自在に動くのですね。

山中敦さん(社長室長)(以下、敬称略) (ロボットの画面より)こんにちは、山中と申します。このロボットでは、音声と動画、両方ともスムーズに扱えるんです。今はトライアルの段階ですが、会議でこのように近くまで行って、まるでその場にいるように皆さんの声が聞こえますし、私も自由に発言できます。

―― 月に2回のFワークは、どんなときに利用しているんですか?

山中 何か集中して仕事に取り組みたいときが多いですね。考えてアイデアを出すという業務が多いので、自宅なら一人で集中できますし、普段は通勤時間が片道1時間以上かかるのですが、その時間を家事や育児に充てることもできます。また、子どもが風邪を引いて、家で看病したいときにも助かっていますね。

 実は私は中途採用でこの会社に入りました。前職では、会社で在宅勤務制度があったのですが、自宅で仕事をしていると、疎外感を覚えたんです。会議のときだけログインをしてテレビ会議で参加するのですが、どうしても会話しづらい。また、職種によっては在宅勤務ができないケースもあるので、「きみは在宅勤務ができていいよね」と思われているかも…という不安もありました。

 ですが、このロボットを使えば、会議室にも自分から移動できます。小さな音も聞こえるので、その場にいるように参加できます。オフィスにいるのと、変わらないような感覚ですね。ロボットを動かして、部下の席まで行ってアドバイスできますし、今回この取材をいただいたように、今後は来客にも対応できるかもしれないと考えています。

 うちは小学5年生の子どもがいるのですが、スポーツをやっていて、私が家にいる日は、一緒にトレーニングできることもありがたいです。子育てに参加する機会が増えましたし、通勤時間に他のことができて、無駄な時間がなくなったように思います。


社長室長の山中敦さんはテレビ会議システムで取材にも参加してくれた。左はコーポレート管理本部総務部部長の木内宏幸さん、右はコーポレート管理本部人事部の枝松茂幸さん

次ページ 部下とのコミュニケーションも取りやす...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

100社ルポ「仕事&育児の両立」企業の挑戦

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード