スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

山崎万里子 28歳のときに自分の強みを真剣に考えた

(上)ユナイテッドアローズ初の女性執行役員に聞くキャリアの転機と仕事の流儀、両立の秘訣とは?

就職、転職、独立、そして、結婚、出産、育児……女性の人生はいくつものライフイベントによって彩られ、同時に多くの迷いも生まれるもの。社会の第一線で活躍する女性から、人生の転機とその決断のポイント、充実したライフ&ワークのために大切にしている価値観を聞く連載企画をお送りします。今回登場いただくのは、ユナイテッドアローズで女性初の執行役員として活躍する山崎万里子さんです。役員になってから出産したハイパーワーキングママとしても注目されています。インタビュアーは編集長の羽生祥子です。

生まれて初めてアルバイトした会社にそのまま入社

羽生編集長(以下、羽生) 山崎さんは新卒からずっとユナイテッドアローズ一筋なんですよね。

山崎さん(以下、敬称略) もっというと、私、生まれて初めてアルバイトしたのがこの会社なんです。大学2年生の時にユナイテッドアローズのお店でアルバイトを始めて以来、本当にここでしか働いたことがないんです

羽生 えー。もともとお好きだったんですか。

山崎 原点は1990年。私が17歳の時だから、もう26年前になりますね。生まれ育った福岡に初めてユナイテッドアローズができたんです。当時はまだセレクトショップというのもほとんどない頃で、お店に入った途端、「うわぁ、かっこいいなぁ!」って純粋に憧れました

 そして大学入学と同時に上京して、お店に通ううちにレジ横の「アルバイト募集」の告知を見て応募したのがきっかけでした。「時給780円、週3日程度」とかだったかな(笑)。でも、当時はここに就職もしようとまではまったく思っていなくて、単純に「好きなお店で働きたい」という気持ちだけでした。アルバイトとして入ったのが19歳だったのですが、「10代の子が来たよ」とささやかれたのを覚えています(笑)。

 大学を卒業するころは会社が新卒採用を始めて2期目で、「応募してみない?」と促されるままに何の対策もせずに応募して今に至ります。社員になったのが96年なので20年になりますね。

次ページ 優秀な後輩に、「このままじゃ、私、す...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

スペシャルインタビュー 私の人生時計

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード