スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

塩崎大臣 なりふり構わず積極的な保育園対策を

子育て・教育

塩崎大臣 なりふり構わず積極的な保育園対策を

(下)医療的ケア児の養護問題、待機児童対策

保育需要があるなら、もっと受け入れ枠を作ったほうがいい

DUAL編集部 編集部からも、一つ伺わせてください。昨年、日経DUALと日本経済新聞の共同調査をしたところ、自治体からは認可保育園増設に消極的な声も挙がりました。

塩崎 え? そんなことを言っているの? どうして?

DUAL 未就学児の減少が予想されるのに、箱だけ作っても将来の重荷になりかねない、どこまで増やせばいいのか需要予測が難しい、ということのようです。

塩崎 何言っているんですか。安倍内閣はそんなこと考えていないから、どんどん作りますよ。50万人分の受け入れ枠を作る方針に変わりはないし、事実として民主党政権時代の2.5倍のペースで作っているんだから

 私の知り合いにも、病児保育施設を新設しようと張り切っている方がいましてね、その方の話を聞いていても「預けられる環境が整えば、働きたいという人はいくらでも出てくる」と言うわけですよ。私もそう思いますよ。利用したいという方はまだまだいるので、もっと受け入れ枠を作ったほうがいい。なりふり構わず取り組んでいきましょう!

DUAL 大臣の力強い言葉に安心しました。

駒崎 これからもぜひどんどん仕掛けていってください。今日のお話で塩崎大臣が子どもの権利を主軸にして本気になって様々な改革を広げていることがよく分かりました。

塩崎 実はね、表彰されたんだよ。

駒崎 それは何ですか? 「表彰状 塩崎恭久厚生労働大臣  貴殿は時期尚早という数多くの反対にめげず、果敢なる奮闘をされ、児童福祉法を見事に改正に至らしめました。ここにその功績を称え、表彰いたします」と。表彰の主は「児童の養護と貧困の問題を考えるフォーラム参加者一同」とありますね。

塩崎 なかなかいいでしょう。

駒崎 民間に表彰されたことを厚労大臣が大いに喜んで自慢されているとは。いいですね!

塩崎恭久
厚生労働大臣。1950年生まれ。1975年東京大学教養学部卒業、1982年ハーバード大学行政学大学院修了。衆議院法務委員長、外務副大臣、内閣官房長官、拉致問題担当大臣などを歴任した。

(文/宮本恵理子 撮影/川田昌宏)

駒崎弘樹

駒崎弘樹

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。2010年からは待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開。「おうち保育園」モデルは、2015年度より「小規模認可保育所」として、政府の子ども子育て新制度において制度化され、全国に広がった。2014年には、これまで保育園に入れなかった医療的ケアのある子ども達を中心とした障害児を専門的に預かる「障害児保育園ヘレン」を東京都杉並区に開園。2015年4月から、医療的ケアのある障害児の家においてマンツーマンで保育を行う「障害児訪問保育アニー」をスタート。政策提言や担い手の育成を行うため、2012年、一般財団法人 日本病児保育協会、NPO法人 全国小規模保育協議会を設立、理事長に就任。2015年、全国医療的ケア児者支援協議会を設立、事務局長に。
 公職としては、2010年より内閣府政策調査員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員、内閣官房「社会保障改革に関する集中検討会議」委員などを歴任。 現在、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長、内閣府「子ども・子育て会議」委員を務める。
 著書に『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(英治出版)、『働き方革命』(ちくま新書)、『社会を変えるお金の使い方』(英治出版)等。翻訳書に「あなたには夢がある」(英治出版)。一男一女の父であり、子どもの誕生時にはそれぞれ2カ月の育児休暇を取得。

連載バックナンバー

駒崎弘樹 社会を変えるダイアローグ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード