スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

柔道家・篠原信一 娘を思う気持ちで父役を好演

4人きょうだいのパパ、アニメーション作品『夜明け告げるルーのうた』で父役に挑戦

息子たちは柔道を。娘にはやらせません

―― 息子さんたちは柔道をやっているそうですね。

篠原 身近に柔道というものを見てきたからか、自分たちからやりたいと言ってね。もちろん娘がやりたいと言ってもやらせませんよ。「目を覚ましなさい。ピアノをやりなさい」と言いました。

―― 娘さんにお話している篠原さんのお顔が目に浮かびます(笑)。素敵なお話をありがとうございました! 最後に、仕事と家事・育児の両立に日々頑張っている日経DUAL読者にメッセージをいただけますか?

篠原 みなさん、仕事との両立で疲れていると思いますが、お父さんには率先して家事をしてもらって、お母さんと協力し合いながら、家族みんなで食卓につく時間を、1日1回でも、少しの時間でもいいので作ってください。多少嫌なことがあっても、子どもたちとみんなで一緒に楽しくご飯を食べたら、きっと気持ちが落ち着くと思います

『夜明け告げるルーのうた』
全国公開中
配給:東宝映像事業部
(C)2017ルー製作委員会
公式サイト:http://lunouta.com/
こちらから映画の予告がご覧いただけます(1分7秒)

 『夜明け告げるルーのうた』を監督したのは湯浅政明さん。文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞した『マインド・ゲーム』(2004年)で長編監督デビューして以来、国内外のファンを魅了してきました。本作は、今年4月に公開された『夜は短し歩けよ乙女』も話題の湯浅政明監督が「心から好きなものを、口に出して『好き』と言えているか?」をテーマに描くアニメーション映画です。

【ストーリー】
 寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイ。父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしているカイは、もともとは東京に住んでいましたが、両親の離婚によって引っ越したのです。

 父や母に対する複雑な思いを口にできず、気持ちが後ろ向きのカイの前に、人魚の少女・ルーが現れます。


ルーの出現にビックリするカイ

 カイが作った曲に反応し、楽しそうに歌って無邪気に踊るルー。そんなルーと行動を共にするうちに、カイは少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていきます。


とてもかわいらしいルー


カイは前向きになっていく

 でも、古来より日無町では人魚は災いをもたらす存在とされており、ふとしたことからルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまいます…。


ルーと町のためにカイにできることとは…?

 人魚のルーがとにかくキュートで、彼女の動きや表情を見るだけで元気が出てきます。自分の思いをちゃんと口に出し、行動を起こすという本作のテーマは、子どもにも大人にもしっかりと響いてきます。ぜひ、子どもと一緒に泣いて笑って楽しんで見ていただきたい1本です。

(取材・文/清水久美子、撮影/花井智子)

清水 久美子

清水 久美子

メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなし、結婚を機にパソコン誌の編集部に転職。その後フリーライターになり、各業界誌で執筆を重ね、男女の双子を出産後は妊婦や産婦人科に取材しマタニティ雑誌に寄稿。その後、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、映画・海外ドラマ・音楽の記事を主としたライターへと転向。「SCREEN」「日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial」や「海外ドラマBOARD」、「青山シアターマガジン」などにて執筆中。

連載バックナンバー

今週の発散映画&DVDはこれで決まり!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード