積み立て投信が6カ月で2380円も増えた![PR]

単価が下がると買える口数が増える「ドルコスト平均法」の効果を実感

2016年12月に月1万円で積立投信を始めました(「月額1万円の積立投信を買ってみた!」を参照)。あれからおよそ半年…。6カ月間、投信を積み立てで買った結果はどうなっているのでしょうか。(※金額は2017年6月6日現在)

6万円分買って、現在は6万2380円にアップ!

 2016年12月から半年間、「ダイワ・ノーロード日経225ファンド」という国内株式インデックスファンドを、月1万円の積み立てで買った筆者。さて、どうなっているでしょうか…結果はこちらです!


2017年6月6日時点の評価損益額

 なんと現在、+2380円。3.96%のプラスです。普通預金の金利は年0.001%なので、比べるまでもないですね。

 1万円の投信を6回買ったので、元本は6万円。それが、現在の評価金額で6万2380円になっています。これはうれしい。投信積立の申し込みをして、あとは放っておいただけなのに…こんなにプラスが出るなんて驚きです。

毎月勝手に買ってくれる
前へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載バックナンバー

教育・老後資金を増やしたい!ライターが「投資」を体験

[PR]人生100年時代、定年後資金の貯め方とは?2018.11.09

[PR]定期預金より好利回り!?「債券って何?」2018.05.11

[PR]話題のロボ・アドバイザーに50万円預けてみた2018.02.20

[PR]元気なうちから始めたい「介護と相続」2018.01.16

[PR]20年後のために、話題のiDeCoを始めてみた2017.12.19

DUAL Selection

-PR-
閉じる

会員になると、共働きライフに役立つ限定記事が読めるようになります。日経DUALとは

今すぐ会員登録する