スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

「賃貸派vs.持ち家派」論争 賃貸派の末路

不動産投資に詳しいコンサルタントの石川貴康氏に聞く

「高齢者は家を借りられない」はウソ

石川: 確かによく聞きます。でも、私はその手の話を聞くたびに、一体、何十年前の話をしているんだと思っています。少なくとも今は、「高齢だから」という理由で貸したがらない大家は少数派だと思います。少子高齢化が進む中、そんな理由で部屋を貸さなければ、大家だって商売が立ち行かなくなります。実際、月々の家賃を払えるキャッシュフローがあれば、それが年金であろうと生活保護であろうと、貸そうとする大家はたくさんいますよ。年齢や社会的地位は関係ありません。大事なのはキャッシュフローです。後は問題を起こさない人であれば、多くの大家は大歓迎なはずです。

―― キャッシュフローですか。キャッシュフローなしだと家は貸してもらえませんかね。

石川: キャッシュフローなしにどうやって月々の家賃を払うのですか。

―― こういう場合はどうなりますか。「もうあんまり働きたくない。年金受給には少し間があるが、早めに引退して、蓄えを取り崩しながら、読書したり散歩したりして、ストレスフリーな毎日を送ろう」。こんな考えの40~50代もいると思うんです。そういう場合、当然、年金もキャッシュフローもないわけで、どうすればいいんでしょう。貯金通帳を見せればいい? それとも6カ月分の家賃を前払いするとか。

石川: そんなことをすれば逆に怪しいですよ。まあ不動産賃貸は一つ一つが交渉事ですから、不動産屋さんに事情を話すしかないでしょう。でも資産がいくらあろうと、年齢にかかわらず、キャッシュフローが入る仕組みは持っておいた方がいい。資産の絶対額にかかわらず、貯金残高が目減りしていくプレッシャーには普通の人は耐えられません。それに人生は、いつどこで急な出費が発生するか分からない。

―― 仮にキャッシュフローが必要だとして、それは不労所得でもいいんですか。

石川: それは問題ないはずです。

「終の棲家」なんてもはや幻想

―― 分かりました。賃貸派のアキレス腱と思える「老後、引退後も家が借りられるか」についても、キャッシュフローさえあれば心配はいらない、というわけですね。だとすれば、もう「最後まで仮住まい」で全然いいじゃないですか。気楽だし、人生の節目節目で最適な居住環境を選べばいい。「終の棲家」がないのは少し寂しい気もしますが。

石川: 「終の棲家」と言っても、最近は自宅で最期を迎えられる人は少ないですよ。医学の発達で、体の自由が利かなくなっても“生かされる”社会です。家族に面倒を見てもらう、自宅に定期的にヘルパーさんに来てもらう、と言っても限界があります。

 自分だけでは食事にも手をかけられなくなり、買い物もできなくなり、不安が増していくかもしれません。そうなると最後は多くの人が高齢者住宅や施設に行かざるを得ません。その意味では、賃貸派であろうと持ち家派であろうと結局、最後は人間皆、同じとも言えます。

連載バックナンバー

書籍 「宝くじで1億円当たった人の末路」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード