スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

希望のライフプランでは年間390万円の赤字が発生!

お金 有料会員限定記事

希望のライフプランでは年間390万円の赤字が発生!

【お金の悩み】収入の変化を見越した住宅購入相談(下)支出の削減幅が分かれば、将来のマイナス要素に耐えられるか判断できる

 結婚8年目、4歳と1歳の子どもがいる35歳のご夫婦は、手取りの世帯収入が1240万円。貯蓄も多く、一見家計に不安はなさそうに見えます。しかし、毎月の支出が管理できておらず、知らないうちに「生活費」が年間1000万円かかっていることが判明! 夫は今後収入半減も見込まれるなか、住宅購入や子どもたちの学費など、このままで家計は大丈夫なのでしょうか。

 ファイナンシャル・プランナーの中嶋よしふみさんが、すぐに実践できるシンプルな支出の分類方法や、住宅購入による家計への影響について解説します。

■上の記事はこちら
50歳で給与半減の可能性。住宅購入計画どう立てる?

<読者の悩み>

世帯収入が大幅に減る可能性があり、今後のマネープランが不透明です。

<相談者のプロフィール>

<夫婦の仕事と年収>
■夫(35歳)/通信会社勤務 年収1260万円(手取り960万円)
■妻(35歳)/メーカー勤務 年収400万円(手取り280万円) ※現在は時短。フルタイム復帰後は年収520万円(手取り380万円)程度の予定

<現在の貯蓄や金融商品>
■預貯金 約5000万円
■保険の積み立て分 600万円
■株や投資信託 100万円

<毎月の貯蓄>
■20万円ほど(年によるが、年間では150万~300万円)

<住宅>
夫の社宅で、家賃は月4万5000円。今後4~5年以内に住宅を購入したい。

共通口座&クレジットカードの使い分けで支出を分類する

 わが家の家計は、どうしたらすっきりするでしょうか。

FP中嶋よしふみさん(以下、中嶋) 現状は、奥様と旦那様の銀行口座があって、それぞれお給料が入ってくるわけですよね。一つの方法としては、別途、共通口座を作って生活費はそこから引き落とすといいと思います。クレジットカードは2枚作って、1枚は共通口座から引き落とされる生活費用、もう1枚は自分の口座から引き落とされる、洋服や趣味といった個人用とすれば、うまく使い分けができます。共通口座のクレジットカードは家族カードでお2人で持てるようにしてください。そうすれば、クレジットカードを使い分けるだけで生活費とお小遣いは区別できます。そしてすべての口座をマネーフォワードに登録しておけば、家計を一元管理できます(図1参照)。

 生活費用と個人用でカードを使い分けるんですね。シンプルで分かりやすいです。

中嶋 共通口座への資金移動は、生活費が例えば40万円なら、旦那様が30万円、奥様が10万円入れてもいいですし、旦那様が給与天引きで社宅費4万5000円を負担していれば、旦那様が25万5000円、奥様が10万円を入れるという形で調整してください。

 支出は生活費とお小遣いで分類するんですね。

中嶋 それくらいざっくりとした分類で問題ありません。生活費は削るのが大変ですが、お小遣い的な支出はなくても生きていけるものなので、削る余地があります。同じ支出でも全く性質が違うんです。なので「基本的な生活費=自由に使えないお金」と「生活費以外の支出=自由に使えるお金」の2つに大きく分類すると全体の把握がしやすくなります。細かい分類はあまり気にしなくて構わないです。(図2参照)

図1
図2 家計のイメージ(中嶋よしふみさん作成)

 結婚前に一人暮らしをしていたときは、毎月の給与からまず決まった額を貯金に回して、残ったお金でやりくりしていました。その方法もありでしょうか。

中嶋 支出は管理せず、予算だけ決めておく「先取り貯金」ですね。それも一つの方法ですが、お小遣い的な支出、つまり生活費以外の支出は月ごとに乱高下があるので、一定額でやりくりするのは難しいんですね。そのやり方なら月間ではなく、年間で考えたほうがいいと思いますが、予算管理と支出の管理、うまく組み合わせてお2人にとってやりやすい方法を模索してみてください。

 収入のうち、どれくらいの割合を貯蓄に回せばいいのでしょうか。

中嶋 うちに来店される方だと、住宅を買う前で、手取りの2割くらいが平均的です。奥様がフルタイムで復帰したら、世帯の手取りが1340万円くらいになるので、手取りの3割を一つの目標にしてもいいかなと思います。年間400万円くらいの貯蓄ですね。

 400万円もですか?

中嶋 それでも生活費として年940万円使えるので、生活は苦しくはないと思います。もし今後住宅を買うとしたら、恐らく100万円以上出費が増えるので、そのぶんだけお小遣いを削る必要があります。お子様が大きくなれば、保育園の費用が減って楽になりますが、旦那様の50歳以降の収入が最大で半減の可能性もあると伺いました。その状況でも奥様が働き方をセーブしてやっていけるようにするには、今のうちから生活費を抑えておくことも大切です。今の職場でずっと働き続けるのでしたら現状で問題ありませんが、辞める予定があったり、お子さんの私立中学進学を考えたりするなら、支出は抑えたほうがいいかもしれません。

次ページ 保険は利回りが低いので、貯蓄目的は切...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

~あの人に聞いてほしい…~ DUAL悩みの時間

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード