スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

育休で「家事をしていたつもり」の自分に気付いた

今話題になっている男性の育休取得の議論。蓮見孝之アナウンサーはどのように育休を取得し、家族と過ごしたのか

これまでの自分は「家事や育児をやってきたつもり」だった

 この育休期間を通して、私はこれまで、いかに「家事、育児をやったつもり」になっていたかということを痛感させられました。わが家は共働きで、日々のやり繰りをうまく夫婦で分担してきたつもりでした。ですが、実際はフリーランスで働いている妻がその大半を担い、私自身が妻に支えられています。その妻が不在となり、毎日の家事や育児の全てを担うことになったとき、ただただ無心に日々のルーチンをこなしている自分に気づきました。

育休中は手帳に育児日記もつけていました

 そして、正直な気持ちを打ち明けると、たかだか3週間職場を離れていただけなのに、復帰初日に通勤の電車に乗った瞬間、なんだかとても不安な気持ちになりました。放送局のアナウンサーなのに、テレビやラジオもほとんど見聞きしていなかった。新元号のカウントダウン番組も全く意識せず過ごしていた3週間。毎日外出していたはずなのに、町の変化に目を向けることもなかった。そんな生活から職場に戻ることがこんなに緊張するものとは。こんな気持ちの変化に気付けたことも、育児休暇をとったからこそでしょう。

 復帰したその夜、会社で仕事をしていた私のスマートフォンに、妻からメッセージが届きました。内容は秘密です。普段あまり見たことがない長文のメッセージでした。一生、保存しておこうと思います(笑)。

文/樋口可奈子 写真/小野さやか

蓮見孝之(はすみ のりゆき)
蓮見孝之(はすみ のりゆき) 1981年、埼玉県生まれ。2004年、TBSテレビにアナウンサーとして入社。2008年にフリーアナウンサーの大徳絵里さんと結婚。2010年に長男、2013年に次男が誕生。JFA公認サッカーC級コーチ、サッカー検定4級、書道師範、秘書技能検定2級、高校公民科教員免許、保育士資格などさまざま資格を保有。現在の担当番組は『JNNニュース』、『ひるおび!』、ラジオでは『蓮見孝之まとめて!土曜日』『ジェーン・スー 生活は踊る(日替わりパートナー)』。

連載バックナンバー

パパアナウンサー 蓮見孝之の 「コミュ力向上委員会」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード