スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

高校の教育費 公立と私立の教育費の差は月5万円

教育費の本当の話(4)/高校時代の教育費は、授業料の無償化などで公立高校の場合は、毎月3万4000円程度で済む!

共働きファミリーの子育て費・教育費は、私たちの親世代とは大きく違ってきました。ファイナンシャル・プランナーの前野彩さんが「教育費の本当の話」を紹介していきます。新著『教育費&子育て費 賢い家族のお金の新ルール(日経DUALの本) 』から、一部お届けいたします! 今回のテーマは「高校時代にかかる教育費、公立と私立の場合は?」です

高校の教育費は公立で月3万4000円!

 高校への進学になると、受験結果によって、望む進路に必ず進めるとは限らないのが悩ましいところです。また、公立優位の地域や私立優位の地域などがあるため、お住まいの地域によって高校受験事情が異なります。そこで、公立と私立の2パターンにおいて、〝ざっくり費用感〟をつかんでおきましょう。

 高校生になると、授業料の無償化や大学進学をしない人もいることから、学校外活動費が減り、公立高校に進学した場合は、月約3万4000円で済みます

私立進学の場合は、中学時代よりも少しはラクになるとき

 一方の私立高校も、小学校や中学校より安くなり、教育費は毎月8万3000円です。義務教育時代は3~4倍と大きかった公立と私立の差が、高校になると少なくなります。とはいえ、それでも2倍以上ありますから、子どもに合った進路に対応できるよう、親子で一緒に考えていきましょう。

「WOMAN EXPO 東京」で前野彩さんのお金セミナー開催!

「WOMAN EXPO Premiumセミナー
 すぐ役立つ! お金の新知識コース」

● 5月19日(土) 15:40~16:40
● 東京ミッドタウン(六本木)

 事前申し込みはこちらから!
http://www.woman-expo.com/tokyo/session/session-detail?m=1&eid=11

 WOMAN EXPO紹介動画(6分)を配信中!
「働く女性に贈る 明日をひらく言葉」
https://youtu.be/A-Fn8bC1HW4

子育て家族に人気のFP前野彩さんがズバリ教えます。
親世代とは違う「教育費の本当の話」!
『教育費&子育て費 賢い家族のお金の新ルール(日経DUALの本) 』

■第1章 子育てって、ざっくりどのくらいお金がかかるの?
■第2章 ウチはどう貯める? どこまでお金をかけられる?
■第3章 ママとパパどう働く? 収入にあった幸せな生活スタイル
■第4章 親世代とは全然違う! 100年人生のお金の新ルール

Amazonで購入する

前野 彩

前野 彩

株式会社Cras代表取締役。FPオフィス will代表。ファイナンシャル・プランナー。中学校・高校の保健室の先生を経て、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経てFPに転身。自らの住宅ローンで800万円、生命保険で1000万円の見直しを行った経験を持つ。「お金の安心と可能性をかたちにし、心の自立と輝く明日をつくる」ことを理念に、「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を子育て世帯や女性に伝えている。個別相談は1万円(税別)と、安心して利用できる相談料が設定されており、講演やテレビでも活躍中。著書多数。近著に『教育費&子育て費 賢い家族のお金の新ルール』(日経BP社)、『本気で家計を変えたいあなたへ ~書き込むお金のワークブック<第3版>』(日本経済新聞出版社)、『今日からできる!障がいのある子のお金トレーニング』(翔泳社)、『書けばわかる! 子育てファミリーのハッピーマネープラン』(マンガ:此林ミサ、日本経済新聞出版社)。
オフィシャルサイトまんが版サイト

連載バックナンバー

前野彩の『教育費&子育て費 賢い家族のお金の新ルール 』

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード