スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

[PR]榎戸教子「教育資金を外貨で準備するとは? 」

BSジャパン『日経モーニングプラス』の元メインキャスター榎戸教子さんとソニー生命のライフプランナーが対談。低金利時代に有効な教育資金の準備の仕方とは?

貯蓄の機能と保障の機能を兼ね備えた学資保険

榎戸 本当ですね。できるだけ早くお金を準備しはじめて、時間を味方につけることが大事なんですね。最近私の友達が出産して、学資保険に入ったという話を聞きました。学資保険というのは、教育資金を計画的に準備する方法として有効なのでしょうか。

西崎 はい、有効です。学資保険は、親御さんの保障と教育資金の準備を兼ね備えた保険商品で、所定の時期(子どもが18歳など)に学資金が支払われます。保険料の払込期間中に親御さんに万一のことがあった際は、以降の保険料の払込は不要になるんですが、学資金はきちんと支払われます。

榎戸 毎月コツコツと準備していくことで、教育資金の一部が確保できるのは魅力ですね。万一の際の保障機能があるという点も安心です。最近は、日本では超低金利時代が続いていますが、他にも新たな保険商品があるのでしょうか。

西崎 はい、最近の動きとしては低金利を背景に新しいタイプの保険商品が増えてきています。学資保険といった枠組みの中でも、効率的に教育資金を準備できる商品も出ています。

次ページ 注目される「養老保険」と「米ドル建て...

連載バックナンバー

外貨で準備する? 教育資金

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード