姉妹でお姫さま体験! 異国情緒漂うオルゴールの森

富士登山電車&プリンセス体験(下)「河口湖オルゴールの森美術館」にてプリンセス体験。噴水ショーやダンスオルガンの演奏まで

 子連れ旅行には行きたいけれど、子どもも楽しめるお出かけ先が分からない。そもそも泊まりで出かける余裕がない――。

 そんなDUAL世代にピッタリなのが、「半日旅」という旅のスタイル。『東京発 半日旅』(ワニブックス)の筆者で旅行作家の吉田友和さんは、思い立った瞬間にでも出かけて、半日くらいで帰ってこられる、そんなお手軽で気まぐれな旅を「半日旅」と定義しました。この連載は、そこに“子連れ”という要素を加え、DUAL世代もすぐにでも出かけたくなるような旅ルポをご紹介します。

 今回のテーマは「富士登山電車&プリンセス体験」です。レトロな観光列車「富士登山電車」に乗車した上編に続き、下編ではいよいよ「プリンセス体験」に参加します。

半日旅について語った、吉田さんの過去インタビューはこちら
気ままに楽しむ「東京発“子連れ”半日旅」の魅力
“子連れ半日旅”はハプニングも思い出に

「東京発“子連れ”半日旅」の3箇条
●旅先は子連れで訪れることが可能な場所であること
●夕食は自宅で取ることができるくらいのスケジュール感であること
●テーマパークなど人が多く集まる場所は基本的には行かないこと

ドレスの華やかさに思わず目がくらむ

 パスポートのいらない小さなヨーロッパ――そんな魅力的なキャッチコピーに誘われてやってきた「河口湖オルゴールの森美術館」。いよいよ今回のテーマであるプリンセス体験にチャレンジする。

 お目当てのお姫さまのレンタル衣装のコーナーは、入場してすぐの目立つ場所に設けられていた。中世ヨーロッパの王侯貴族が着ていそうなゴージャスなドレスがずらりと並ぶ。そのあまりの華やかさに早くも圧倒された。とにかくその一角はひたすらキラキラしており、免疫のない男親からするとまぶしいほどだ。

 衣装の利用料は90分間で大人1000円、子どもはなんと500円。サイズは90から用意されているので、3歳の長女だけでなく、1歳の次女のぶんも借りることにした。2着借りて合計1000円は、かなり良心的な価格設定だ。

ネックレスなどのアクセサリー類も借りられる(1点あたり追加で500円)

 問題はどのドレスにするかだ。色々あるのでなかなか決められない。

 「白雪姫のドレスがいいっ!」

 夫婦で作戦会議をしていると、長女が無茶な要求をし始めた。数あるお姫さまの中でも、彼女の一番のお気に入りが「白雪姫」なのだ。

 ちなみに二番目は「シンジラレル」である。シンジラレル、信じられる……? 実はこれ、「シンデレラ」の言い間違えだ。最初に聞いたときは噴き出しそうになったが、かわいいのであえて訂正しないようにしている。

 「これとか、白雪姫のドレスにそっくりじゃない?」

 親の趣味で選んだドレスを見せると、「これじゃない!」とふて腐れてしまった。どうやらご機嫌斜めのようだ。到着早々にグズり始めるのは、わが家では割とよくあるパターンなのだが……。仕方ないのでお菓子でも与えて機嫌を取ろうかと思ったら、見かねたスタッフさんが気をきかせて娘に声をかけてくれた。

 「先に園内を散歩してきたらどう? 白鳥さんもいるよ」

 ありがたいお言葉に従い、ひとまず父と娘の2人で園内へ繰り出す。その間に、妻にドレスを選んでおいてもらうことにした。

気分はすっかりヨーロッパ旅行

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

無料会員限定の記事の閲覧
「みんなのラクラク保育園検索」の利用
日経DUALメールの購読(無料)

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

カラクリ人形のショーで娘の機嫌も改善...
前へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載バックナンバー

東京発“子連れ”半日旅

小田原城址公園でレトロな「こども遊園地」を満喫2019.03.04

小田原半日旅 長女のセンスを感じたかまぼこ作り2019.02.25

暖かくておいしい、真冬の「焼き芋」半日旅2019.01.29

アウェーの公園で無心に遊ぶ 子連れ旅の醍醐味2019.01.23

足利半日旅 子どもには史跡も楽しめる想像力がある2018.12.28

DUAL Selection

-PR-
閉じる

会員になると、共働きライフに役立つ限定記事が読めるようになります。日経DUALとは

今すぐ会員登録する