スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

矢沢心 不妊治療の病院選びは難しいからこそ慎重に

【新連載スタート!】矢沢心さんが不妊治療に悩む女性たちと語り合う「お茶会」を匿名でマル秘リポート。初回のテーマは「不妊治療の病院選び」(上)

 日経DUALにて「矢沢心と魔裟斗の『諦めない不妊治療』」を連載、書籍『夫婦で歩んだ不妊治療』を上梓した矢沢心さん。その矢沢さんが「自分の不妊治療経験を伝えて、お母さんになりたい人を応援したい」と企画し、不妊治療で悩んでいる女性の“心のもやもや”が晴れるような場を目指して不定期に開催している「お茶会」にお邪魔しました。

 お茶会は「病院の選び方」「妊活中の気持ちの持ち方」「パートナーとの関係」「自分を褒めてあげる」という4つのテーマで進行。リポート第1弾は「病院の選び方」について、3回にわたってお伝えします。今回は上編です。

【お茶会出席者のプロフィール】

Eさん 
41歳。パートで勤務。37歳で結婚、38歳のときに自然妊娠したが7週で稽留(けいりゅう)流産(胎児が死亡してしまっていて、妊娠が継続できない状態になっても、まだ出産・腹痛などの症状がなく、胎児が子宮内にとどまっている状態のこと)。その後も自然妊娠を目指したが授からず、39歳で不妊治療クリニックを受診。医師が勧める通り、タイミング法から人工授精、体外受精にステップアップ。体外受精に2回トライしたが授からなかったため、現在は人工授精にステップダウンしている。

Aさん
35歳。フルタイム正社員で勤務。不妊治療を始めてから2年。体外受精に4回トライしたが妊娠しなかったため、一度治療をお休みした今年の春に自然妊娠。しかし8週で流産。身体的にも精神的にもなかなか前向きになれず、不安な気持ちで日々を過ごしている。

Yさん
30歳。26歳で結婚し、すぐに自己流で妊活を始めたが2年間授からなかったため、不妊専門クリニックを受診。片側の卵管閉塞が発覚し、手術のため転院。その後人工授精に6回トライするが妊娠に至らず、昨年末から体外受精にステップアップ。1回目で着床したが胎嚢確認前に流産、2回目は着床しなかったため、フルタイム正社員で勤務していた会社を退職し、治療に専念することを決断した。

成功報酬の病院や初診前にチュートリアルがある病院も

矢沢心さん(以下、矢沢) こんにちは。本日はご出席ありがとうございます。よろしくお願いします。

 皆さん、もう不妊治療をされているんですよね。最近は不妊治療や妊活という言葉が普通に使われるようになって、早めに不妊治療専門病院を受診される方が増えていて、よかったなと思います。

 Eさんは今の病院はいかがですか?

Eさん 毎回違う先生になるというデメリットはあるのですが、先生の数が多くて待たされることがないので助かっています。

矢沢 そちらの病院は、不妊治療の件数や実績はどうですか?

Eさん 特別に多いとか少ないということはなく、普通なのかなと思います。「有名なクリニックのほうがいいのかな」と思うこともありますが、働いているとなかなか時間的に難しくて、近さを優先して今の病院を選びました。

矢沢 私は、不妊治療の件数や実績は、やっぱり大事だと思うんです。今、インターネットにはいい情報も悪い情報も色々ありますが、件数や実績は病院選びの目安になります。どんな病気でも、成功例が多いところに行きたくなりますよね。

Eさん ただ、いくら助成金が出ても、体外受精を受けるためには結構お金もかかるので、そういう面でも不安です。

矢沢 今は成功報酬といって、「不妊治療が成功したら治療費をいただきますが、結果が出なかったらいただきません」という病院もありますし、初診を受ける前に治療の内容や治療費などについて教えてくれるシステムがある病院もありますよ。

Eさん 今41歳なので、治療するのも42~43歳までかなと思うともう時間がないと感じています。子どもがいなくてもいいかなとも考えますが、昔から子どもが欲しいという願望があったのでやっぱり欲しいなと思い直したりもします。年齢と体力、お金とあらゆる面で不安があって、気持ちが揺れ動きます。

矢沢 私も、妊活中に夫と「夫婦2人だけの生活も楽しいよね」という話をしていたんですよ。でも、そのうえでやっぱり「子どもを授かりたい」と思って妊活を続けていました。だから、もしEさんが「赤ちゃんが欲しい」と思うなら、遠回りはしてほしくないと思うんです。お母さんになりたい人が、一人でも多く、少しでも早くお母さんになれることが一番だから。

Eさん 矢沢さんはどんなふうに病院を選んだんですか?

矢沢 最初はまだ20代で体外受精までは考えていなかったので、近くの病院に通っていました。でも、そこは人工授精までしかできなくて、妊娠しなかったのでもうダメかなと。

 2つ目は自分で調べて、体外受精ができて仕事をしていても通える病院にしました。ただ、そこは採卵のときの麻酔が合わなくてつらかったし、結果も出なかった。しばらくお休みしようかなというタイミングで、たまたま夫が病院を紹介してくれて、私も実績を知っていたので転院しました。そこで長女を妊娠したんです。

Eさん やっぱり実績のあるところは結果が出るんですね。

矢沢 実は、私は最初“女医さん”を条件に病院を探していたんです。男性の先生は対応が冷たかったり、女性の気持ちが分からなかったりするんじゃないかと思って。でも、その3つ目の病院は男性の医師でしたが、ちゃんと私が尋ねることに答えてくれましたし、何よりも私をお母さんにしてあげたいと強く思ってくれていました。だから、自分の固定観念で選んだ病院が違うこともあると実感しています。

 ただ、私の意見もそうですが、口コミで「いいよ」と書いてあっても、その人にとってはよかったということであって、自分にも当てはまるどうかは分からないですよね。でも、やってみないと正解か不正解かも分からない。本当に病院選びって難しいんですけど、だからこそ大事に、慎重に考えてほしいと思います。

写真はイメージカットです

(取材・文/荒木晶子 イメージカット/iStock)

本連載をまとめた書籍『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』がついに発売!
夫婦それぞれの視点から不妊治療の体験を綴った、
不妊治療で悩むすべての人に届けたいメッセージ
『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』 (本体1300円+税)

● 妊娠するチャンスは1年に12回だけ
● セコンド役の夫と2人で迎えた、出産の瞬間
● 流産をきっかけに初めて知った妻の気持ち
● “試験管ベビー”という言葉に負けたくなかった
● 不妊治療の経験者は、思っている以上にたくさんいる
● 経験者が語る「不妊治療Q&A」その他

日経BPブックナビで購入する  ●Amazonで購入する

矢沢心
女優・タレント
矢沢心 1981年東京生まれ。1997年映画でデビュー。夫である魔裟斗さんは、日本人初のK-1世界王者として知られる。著書に『ベビ待ちゴコロの支え方』(主婦の友社)など。日々の暮らしをつづったオフィシャルブログも人気。
「コロコロこころ」https://ameblo.jp/yazawa-shin/

連載バックナンバー

矢沢心と不妊治療に悩む女性のお茶会リポート

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード