スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

矢沢心 「まずはやってみる」という勇気が大事

矢沢心さんが不妊治療に悩む女性たちと語り合う「お茶会」を、匿名を条件にマル秘リポート。今回は「不妊治療の病院選び(下)」

 日経DUALにて「矢沢心と魔裟斗の『諦めない不妊治療』」を連載、書籍『夫婦で歩んだ不妊治療』を上梓した矢沢心さん。その矢沢さんが「自分の不妊治療経験を伝えて、お母さんになりたい人を応援したい」と企画し、不妊治療で悩んでいる女性の“心のもやもや”が晴れるような場を目指して不定期に開催している「お茶会」にお邪魔しました。

 お茶会は「病院の選び方」「妊活中の気持ちの持ち方」「パートナーとの関係」「自分を褒めてあげる」という4つのテーマで進行。リポート第1弾は「病院の選び方」について、3回にわたってお伝えします。今回は中編に続く下編です。

【お茶会出席者のプロフィール】

Eさん 
41歳。パートで勤務。37歳で結婚、38歳のときに自然妊娠したが7週で稽留(けいりゅう)流産(胎児が死亡してしまっていて、妊娠が継続できない状態になっても、まだ出産・腹痛などの症状がなく、胎児が子宮内にとどまっている状態のこと)。その後も自然妊娠を目指したが授からず、39歳で不妊治療クリニックを受診。医師が勧める通り、タイミング法から人工授精、体外受精にステップアップ。体外受精に2回トライしたが授からなかったため、現在は人工授精にステップダウンしている。

Aさん
35歳。フルタイム正社員で勤務。不妊治療を始めてから2年。体外受精に4回トライしたが妊娠しなかったため、一度治療をお休みした今年の春に自然妊娠。しかし8週で流産。身体的にも精神的にもなかなか前向きになれず、不安な気持ちで日々を過ごしている。

Yさん
30歳。26歳で結婚し、すぐに自己流で妊活を始めたが2年間授からなかったため、不妊専門クリニックを受診。片側の卵管閉塞が発覚し、手術のため転院。その後人工授精に6回トライするが妊娠に至らず、昨年末から体外受精にステップアップ。1回目で着床したが胎嚢確認前に流産、2回目は着床しなかったため、フルタイム正社員で勤務していた会社を退職し、治療に専念することを決断した。

転院時には検査結果や現在の状況、薬の履歴などを説明して

Aさん 私は先日引っ越しをして、新居の近くの病院に転院したばかりです。フルタイムで働いているので、今までは夜間や日曜日も診察している病院に通っていました。夜間といっても18時とか19時までの病院が多い中、そこは会社が終わってからでも十分行ける時間に開いているので、本当に助かっていました。

矢沢心さん(以下、矢沢) 仕事をしていても通える病院から転院したのはなぜですか?

Aさん そこは先生が1人の病院でしたが、テキパキとしていて待たされることもありませんでしたし、最後に必ず「何か分からないことや質問はないですか?」と聞いてくださったりして、嫌な思いをしたことはなかったんです。でも、体外受精に4回トライしても結果が出ていなかったので、もしかしたらその病院のやり方は私とは合わないのかもしれないなと思って。

矢沢 転院先の病院はどうですか?

Aさん 初診に行っただけなので、まだよく分からないです。ただ、今度の病院は複数の先生がいるところで、これまで先生が1人でやっている病院にしか通ったことがないので、毎回先生が変わるのが自分に合うのかなということは気になっています。

矢沢 前の病院での検査結果とかはもらっていますか?

Aさん 紹介状を頂いてはいないんですけど、検査結果は持っていきました。

矢沢 私も転院するときには、それまで通っていた病院から紹介状をもらったわけではなかったので、次の病院では自分が今どういう状況で、これまでどういう治療をやってきたか、どういう薬を使っていたかというのを全部説明しました。

 もちろん新しい病院の方針もあると思いますが、そうすることで、またタイミングを何回も取って、人工授精を何回やってというような、前の病院と同じことを繰り返さずに済みますから

Aさん はい。今度の病院では体外受精に進むためにセミナーを受けなくてはいけないので、今はその順番待ちをしているところです。

矢沢 セミナーを受けて、自分が納得できるようだったら、そこに通い続けてみるといいかもしれませんね。それと、疑問に思ったことがあったら、まず先生に聞いてみるのも大事かなと思います。

Aさん セミナーの順番待ちの間にタイミングを取ってみようと思っているので、そこで病院や先生の雰囲気などを見ようと思っています。

矢沢 いいですね! 私は3番目の病院で流産したとき、すぐに「明日手術します」と言われたんです。最初は内心「今日は赤ちゃんの元気がなかっただけで、明日には心臓が動いているかもしれない」と思ったんですが、先生が次の周期の治療のことまできちんと話してくれたので、納得することができました。

 そのことがあってから、こういう先生だったら自分から質問することもできると思うようになって。逆に答えを返してくれない先生だと不安になりますよね。先生との相性を見るうえでも、ちょっと煙たがられたり、忙しそうかなと思ったりしても、私は気になったことは必ず聞いて、忘れないようにメモを取っておくようにしました。

Aさん 転院前に通っていた病院の先生とは相性が良かったので、もし今度の病院との相性が合わなくてストレスになるようなら、また戻るというのも考えてみようかなと思っています。

矢沢 自分の体と病院と相談しながらやってみて、「やってみてよかった!」ということもあれば、「やってみたら、ちょっと違った」ということもあると思うんです。でも、“まずはやってみる”勇気はとても大事。そういう行動に出ることができた自分を褒めてあげてくださいね!

写真はイメージカットです

(取材・文/荒木晶子 イメージカット/iStock)

本連載をまとめた書籍『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』がついに発売!
夫婦それぞれの視点から不妊治療の体験を綴った、
不妊治療で悩むすべての人に届けたいメッセージ
『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』 (本体1300円+税)

● 妊娠するチャンスは1年に12回だけ
● セコンド役の夫と2人で迎えた、出産の瞬間
● 流産をきっかけに初めて知った妻の気持ち
● “試験管ベビー”という言葉に負けたくなかった
● 不妊治療の経験者は、思っている以上にたくさんいる
● 経験者が語る「不妊治療Q&A」その他

日経BPブックナビで購入する  ●Amazonで購入する

矢沢心
女優・タレント
矢沢心 1981年東京生まれ。1997年映画でデビュー。夫である魔裟斗さんは、日本人初のK-1世界王者として知られる。著書に『ベビ待ちゴコロの支え方』(主婦の友社)など。日々の暮らしをつづったオフィシャルブログも人気。
「コロコロこころ」https://ameblo.jp/yazawa-shin/

連載バックナンバー

矢沢心と不妊治療に悩む女性のお茶会リポート

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード