スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

矢沢心 流産の悲しみは、時が解決してくれた

矢沢心さんが不妊治療に悩む女性たちと語り合う「お茶会」を、匿名を条件にマル秘リポート。今回は「妊活中の心の支え方(下)」

 日経DUALにて「矢沢心と魔裟斗の『諦めない不妊治療』」を連載、書籍『夫婦で歩んだ不妊治療』を上梓した矢沢心さん。その矢沢さんが「自分の不妊治療経験を伝えて、お母さんになりたい人を応援したい」と企画し、不妊治療で悩んでいる女性の“心のもやもや”が晴れるような場を目指して不定期に開催している「お茶会」にお邪魔しました。

 お茶会は「病院の選び方」「妊活中の気持ちの持ち方」「パートナーとの関係」「自分を褒めてあげる」という4つのテーマで進行。リポート第2弾は「妊活中の心の支え方」について、3回にわたってお伝えします。今回は中編に続く下編です。

【お茶会出席者のプロフィール】

Eさん 
41歳。パートで勤務。37歳で結婚、38歳のときに自然妊娠したが7週で稽留(けいりゅう)流産(胎児が死亡してしまっていて、妊娠が継続できない状態になっても、まだ出産・腹痛などの症状がなく、胎児が子宮内にとどまっている状態のこと)。その後も自然妊娠を目指したが授からず、39歳で不妊治療クリニックを受診。医師が勧める通り、タイミング法から人工授精、体外受精にステップアップ。体外受精に2回トライしたが授からなかったため、現在は人工授精にステップダウンしている。

Aさん
35歳。フルタイム正社員で勤務。不妊治療を始めてから2年。体外受精に4回トライしたが妊娠しなかったため、一度治療をお休みした今年の春に自然妊娠。しかし8週で流産。身体的にも精神的にもなかなか前向きになれず、不安な気持ちで日々を過ごしている。

Yさん
30歳。26歳で結婚し、すぐに自己流で妊活を始めたが2年間授からなかったため、不妊専門クリニックを受診。片側の卵管閉塞が発覚し、手術のため転院。その後人工授精に6回トライするが妊娠に至らず、昨年末から体外受精にステップアップ。1回目で着床したが胎嚢確認前に流産、2回目は着床しなかったため、フルタイム正社員で勤務していた会社を退職し、治療に専念することを決断した。

「妊活のため」を考え過ぎない

矢沢心さん(以下、矢沢) 皆さんは、妊活の一環として通院以外に何かされていますか?

Eさん 私は「妊活のため」ということはあまり意識しないようにしています。治療を始めたころは色々気にしていたんですが、考え過ぎるのはよくないなと思って、途中からやめました。だから、最近は時々お酒を飲んだりもします。趣味としてフラワーアレンジメントも始めました。

 私はずっとネイリストをしていたのですが、今は個人的に友人にネイルをしてあげていて、それで喜んでもらえるのもストレス発散になっています。不安がたくさんあることは事実ですが、一方で「妊娠できると思えばできる」とプラス思考で考えようと思っています。

矢沢 すてきですね。「妊活を考え過ぎない」ということは、とても大事だと思います。

Eさん 流産したときはものすごくショックを受けたんです。赤ちゃんが入っている袋も確認できて、順調に進むものだと思っていたのに、次に受診したら「中にいるはずの赤ちゃんがいない」と言われて。「こんなことってあるんだ」とがくぜんとしました。どうやって帰ったのかも覚えていないくらい、ショックでした。

矢沢 私も最初の流産のとき、同じでした。「やった! ここまで来れた!」と思ったのに、その次の診察では「赤ちゃんが入っていません。枯死卵です」と。今でも覚えているんですが、診察中に先生が何回も赤ちゃんを探していたんですよね。見つからない赤ちゃんを。

Eさん 先生の反応があまり良くないので、なんとなくおかしいなと分かりますよね。でも、時間が解決してくれたというか、流産を乗り越えて、今はもう「明るくやっていくしかない」と思うようになりました。

Aさん 私は3カ月前に流産したのですが、乗り越えるまでってどのくらいかかりました?

Eさん 3カ月より、もう少しかかった気がします。とにかく初めての流産で、ショックが大きかったので。

Aさん 私はまだショックからぬけ出せてなくて、今は抜け殻みたいに何もできなくなってしまっているんです。頭では「治療のことを考えないと」と思っているんですけど、どうしても体が動かなくて。

Eさん 私も、「もう平気」と思っても、テレビをぼーっと見ているだけで急に涙が出たりして、情緒不安定になりました。

 どう頑張ってみても気持ちが上向かなかったんですけど、時が経つにつれて、少しずつ心も落ち着いていきました。こればかりは時間が解決してくれるのを待つしかないかもしれません。今は、子どもができたら子ども部屋のある家を建てようとか、最終的にもし妊娠できなかったら、2人の趣味の部屋を作ろうとか、将来の楽しいことを考えるようにしています。

矢沢 未来設計を立てるのは楽しそうですね!

 子どもがいることはもちろん素晴らしいことだと思いますが、子どもはやがて巣立っていって、夫婦二人に戻ります。そのとき笑顔でいるために、今どうするのか、何ができるのかを夫婦でちゃんと話し合えたらいいですね

矢沢心さん(座談会中のカットではありません)

(取材・文/荒木晶子 写真/鈴木愛子)

本連載をまとめた書籍『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』がついに発売!
夫婦それぞれの視点から不妊治療の体験を綴った、
不妊治療で悩むすべての人に届けたいメッセージ
『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』 (本体1300円+税)

● 妊娠するチャンスは1年に12回だけ
● セコンド役の夫と2人で迎えた、出産の瞬間
● 流産をきっかけに初めて知った妻の気持ち
● “試験管ベビー”という言葉に負けたくなかった
● 不妊治療の経験者は、思っている以上にたくさんいる
● 経験者が語る「不妊治療Q&A」その他

日経BPブックナビで購入する  ●Amazonで購入する

矢沢心
女優・タレント
矢沢心 1981年東京生まれ。1997年映画でデビュー。夫である魔裟斗さんは、日本人初のK-1世界王者として知られる。著書に『ベビ待ちゴコロの支え方』(主婦の友社)など。日々の暮らしをつづったオフィシャルブログも人気。
「コロコロこころ」https://ameblo.jp/yazawa-shin/

連載バックナンバー

矢沢心と不妊治療に悩む女性のお茶会リポート

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード