スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

矢沢心 不妊治療はパートナーと寄り添い合って

矢沢心さんが不妊治療に悩む女性たちと語り合う「お茶会」を、匿名を条件にマル秘リポート。今回は「パートナーとの関係(上)」

 日経DUALにて「矢沢心と魔裟斗の『諦めない不妊治療』」を連載、書籍『夫婦で歩んだ不妊治療』を上梓した矢沢心さん。その矢沢さんが「自分の不妊治療経験を伝えて、お母さんになりたい人を応援したい」と企画し、不妊治療で悩んでいる女性の“心のもやもや”が晴れるような場を目指して不定期に開催している「お茶会」にお邪魔しました。

 お茶会は「病院の選び方」「妊活中の心の支え方」「パートナーとの関係」「自分を褒めてあげる」という4つのテーマで進行。リポート第3弾は、「パートナーとの関係」について3回にわたってお届けします。今回は上編です。

【お茶会出席者のプロフィール】

Eさん
41歳。パートで勤務。37歳で結婚、38歳のときに自然妊娠したが7週で稽留(けいりゅう)流産(胎児が死亡してしまっていて、妊娠が継続できない状態になっても、まだ出産・腹痛などの症状がなく、胎児が子宮内にとどまっている状態のこと)。その後も自然妊娠を目指したが授からず、39歳で不妊治療クリニックを受診。医師が勧める通り、タイミング法から人工授精、体外受精にステップアップ。体外受精に2回トライしたが授からなかったため、現在は人工授精にステップダウンしている。

Aさん
35歳。フルタイム正社員で勤務。不妊治療を始めてから2年。体外受精に4回トライしたが妊娠しなかったため、一度治療をお休みした今年の春に自然妊娠。しかし8週で流産。身体的にも精神的にもなかなか前向きになれず、不安な気持ちで日々を過ごしている。

Yさん
30歳。26歳で結婚し、すぐに自己流で妊活を始めたが2年間授からなかったため、不妊専門クリニックを受診。片側の卵管閉塞が発覚し、手術のため転院。その後人工授精に6回トライするが妊娠に至らず、昨年末から体外受精にステップアップ。1回目で着床したが胎嚢確認前に流産、2回目は着床しなかったため、フルタイム正社員で勤務していた会社を退職し、治療に専念することを決断した。

治療をめぐってのケンカは「百害あって一利なし」

矢沢心さん(以下、矢沢) 皆さんにとって、パートナーはどんな存在ですか?

Eさん うちの夫は私よりちょっと年上で、落ち着いた人です。一緒にいて気楽で居心地が良く、旅行という共通の趣味もあるので、話も合います。

 結婚する前に付き合った人は顔で選んでいたんですけど(笑)、「夫はしっかりした人がいい」と思って選んだので、正解だったなと思っています。

Aさん 私はネガティブな性格なんですが、夫はすごくポジティブなので、私の気持ちが落ちていくのを引っ張り上げてくれるような人です。だから、一緒にいるだけで楽しい気持ちになりますね。

Yさん うちは矢沢さん夫婦と同じように、学生のころから5~6年くらい付き合って結婚したので、お互いに何でも知っていて、一緒にいても空気みたいな存在です。

 Eさんのところみたいな共通の趣味はないんですが、今では親よりもなんでも言い合える関係ですね。もしかしたら、私自身より私のことを分かってくれているかもしれません。

矢沢 なぜパートナーのことを伺ったかというと、不妊治療をしていると、どうしても夫とぶつかる部分が出てくるからです。お金のことだったり、治療をどこまでやるのかということだったり。なかなか協力してもらえないとか、理解が得られないというお話もよく聞くので、「皆さんのところはどうかな?」と思って伺いました。

 でも、皆さんはパートナーと仲良く過ごせているみたいなので、きっと治療も前向きに進んでいるんだなと思えて、私もうれしいです。

Eさん そうですね、夫も子どもは好きだと思うんですが、不妊治療について焦っているようなことを一切言ったことがなくて、私の話をちゃんと聞いてくれます。

Yさん うちも、夫は言葉数が少なくて、私が落ち込んで泣いていても慰めるようなことは特に言いませんが、いてくれるだけで落ち着きます。

矢沢 やっぱり、パートナーとぶつかるようなことがあると、不妊治療にとっては障害になると思うんです。そうすると、それがまたストレスになってしまいますし、大好きな人との子どもだからこそ苦しい治療を受けてまで授かりたいのに、それでケンカになるのは本末転倒ですよね。

 皆さんのパートナーはちゃんとそういうことを理解されていて、何かあったときは皆さんがご自分の気持ちを素直に出せる、そんないいパートナーなんだなと思いました。よかったですね。

―― 次回に続きます。

パートナーとの関係が良好でないと不妊治療も前向きになれない

(取材・文/荒木晶子 イメージカット/iStock)

本連載をまとめた書籍『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』がついに発売!
夫婦それぞれの視点から不妊治療の体験を綴った、
不妊治療で悩むすべての人に届けたいメッセージ
『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』 (本体1300円+税)

● 妊娠するチャンスは1年に12回だけ
● セコンド役の夫と2人で迎えた、出産の瞬間
● 流産をきっかけに初めて知った妻の気持ち
● “試験管ベビー”という言葉に負けたくなかった
● 不妊治療の経験者は、思っている以上にたくさんいる
● 経験者が語る「不妊治療Q&A」その他

日経BPブックナビで購入する  ●Amazonで購入する

矢沢心
女優・タレント
矢沢心 1981年東京生まれ。1997年映画でデビュー。夫である魔裟斗さんは、日本人初のK-1世界王者として知られる。著書に『ベビ待ちゴコロの支え方』(主婦の友社)など。日々の暮らしをつづったオフィシャルブログも人気。
「コロコロこころ」https://ameblo.jp/yazawa-shin/

連載バックナンバー

矢沢心と不妊治療に悩む女性のお茶会リポート

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード