スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

矢沢心 頑張り過ぎず、自分の気持ちに目を向けて

矢沢心さんが不妊治療に悩む女性たちと語り合う「お茶会」を、匿名を条件にマル秘リポート。今回は「自分を褒めてあげる(上)」

 日経DUALにて「矢沢心と魔裟斗の『諦めない不妊治療』」を連載、書籍『夫婦で歩んだ不妊治療』を上梓した矢沢心さん。その矢沢さんが「自分の不妊治療経験を伝えて、お母さんになりたい人を応援したい」と企画し、不妊治療で悩んでいる女性の“心のもやもや”が晴れるような場を目指して不定期に開催している「お茶会」にお邪魔しました。

 お茶会は「病院の選び方」「妊活中の心の支え方」「パートナーとの関係」「自分を褒めてあげる」という4つのテーマで進行。リポート第4弾は、「自分を褒めてあげる」について上下2回にわたってお届けします。今回は上編です。

【お茶会出席者のプロフィール】

Eさん
41歳。パートで勤務。37歳で結婚、38歳のときに自然妊娠したが7週で稽留(けいりゅう)流産(胎児が死亡してしまっていて、妊娠が継続できない状態になっても、まだ出産・腹痛などの症状がなく、胎児が子宮内にとどまっている状態のこと)。その後も自然妊娠を目指したが授からず、39歳で不妊治療クリニックを受診。医師が勧める通り、タイミング法から人工授精、体外受精にステップアップ。体外受精に2回トライしたが授からなかったため、現在は人工授精にステップダウンしている。

Aさん
35歳。フルタイム正社員で勤務。不妊治療を始めてから2年。体外受精に4回トライしたが妊娠しなかったため、一度治療をお休みした今年の春に自然妊娠。しかし8週で流産。身体的にも精神的にもなかなか前向きになれず、不安な気持ちで日々を過ごしている。

Yさん
30歳。26歳で結婚し、すぐに自己流で妊活を始めたが2年間授からなかったため、不妊専門クリニックを受診。片側の卵管閉塞が発覚し、手術のため転院。その後人工授精に6回トライするが妊娠に至らず、昨年末から体外受精にステップアップ。1回目で着床したが胎嚢確認前に流産、2回目は着床しなかったため、フルタイム正社員で勤務していた会社を退職し、治療に専念することを決断した。

「できないときはできない」と肩の力を抜いて

矢沢心さん(以下、矢沢) 皆さんは今、自分を褒めたいと思えることはありますか?

Eさん 勉強、でしょうか。ネイリストになるための勉強や講習など、自分を高めるために頑張っているところです。

矢沢 夢に向かって行動しているんですね。

Eさん とりあえず、やってみなければ分からないと思って。もしよかったら続ければいいし、ダメだったらまた違うことを見つければいい。何もしないよりは、何かしたほうがいいことが起きるんじゃないかと、勝手に思っています。

矢沢 行動しないと何も始まりませんよね。素晴らしいことですね。

Eさん よく「赤ちゃんは空から自分の親を見て選んでくる」なんていいますよね。自分が頑張っていれば、未来の自分の赤ちゃんが見ていて、「あの人の子どもになりたい」と思って来てくれるんじゃないかなとか、前向きに考えるようにしています。

矢沢 何事も前向きに取り組めるのはとてもいいことだと思います。でも、そういう方はまじめで頑張り屋さんだから、頑張り過ぎないように妊活や治療を進めてほしいと思います。

 これからも色々なことがあると思いますが、心と体に少しだけゆとりを持って、ご自分を責めずに、褒めてあげてほしい。「できないときはできない」と割り切って、心が疲れないようにしてくださいね。

 他の皆さんはいかがですか?

Aさん うーん、探したんですけど……正直ないです。

矢沢 えー! そんなことはないと思います。

Aさん 本当に、毎日家計簿をつけるくらいしかないです。自分のやっていることにあまり自信がないので、夫をはじめ、他人に確かめないと気が済まなくて。

矢沢 私は、Aさんが自分を褒められるところがないなんて、全然思わないです……。では、Yさんはいかがですか?

Yさん 私もないです。無理やり絞り出すとすれば、今回仕事を辞めるという決断をして、頑張ろうとしていることでしょうか。今まで仕事と妊活や治療を限界まで両立してきたけれど、「今、自分に本当に必要なもの、欲しいものは何だろう?」と考えたときに、お金などではなくてやっぱり子どもだなと思って。

 あとは、思ったことが顔に出やすい性格なんですが、精一杯出ないように気を付けて妊娠した同僚を笑って祝福したり、出産祝いを渡したりしたことでしょうか。心に葛藤を抱えながらも、そんなふうにできたのは良かったかなと思います。

矢沢 Yさんもきっと頑張り屋さんなんだと思います。自分の感情を抑えて、色々なことに目を配って、気を配って、何が今の自分にとっていいのかを常に考えて、そして実際にやろうとしていらっしゃる。その前向きな部分がいいところだと思います。

 だけど、気を張り過ぎると苦しくなってしまいますから、すべていいことをしようとするのではなくて、自分の気持ちにも目を向けてあげてほしいです。「これをやったら苦しい」という気持ちに向き合ってあげないと、きっとこれから先ずーっと苦しくなって、仕事を辞めてもストレスがのしかかってきてしまう。

 だから、「自分の目標や目的が明確になって頑張れる」という状況があるんだったらなおさら、無理に周りに合わせる部分は、ちょっと忘れてもいいんじゃないかな。そんなふうに思います。

矢沢心さん(座談会中のカットではありません)

(取材・文/荒木晶子 写真/鈴木愛子)

本連載をまとめた書籍『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』がついに発売!
夫婦それぞれの視点から不妊治療の体験を綴った、
不妊治療で悩むすべての人に届けたいメッセージ
『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』 (本体1300円+税)

● 妊娠するチャンスは1年に12回だけ
● セコンド役の夫と2人で迎えた、出産の瞬間
● 流産をきっかけに初めて知った妻の気持ち
● “試験管ベビー”という言葉に負けたくなかった
● 不妊治療の経験者は、思っている以上にたくさんいる
● 経験者が語る「不妊治療Q&A」その他

日経BPブックナビで購入する  ●Amazonで購入する

矢沢心
女優・タレント
矢沢心 1981年東京生まれ。1997年映画でデビュー。夫である魔裟斗さんは、日本人初のK-1世界王者として知られる。著書に『ベビ待ちゴコロの支え方』(主婦の友社)など。日々の暮らしをつづったオフィシャルブログやInstagramも人気。
「コロコロこころ」https://ameblo.jp/yazawa-shin/

連載バックナンバー

矢沢心と不妊治療に悩む女性のお茶会リポート

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード