スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

共働きの毎日が「しんどい」人 お金に目を向けて

「数字やお金の話は読む気力が起きない」という「お金ニガテさん」へ。共働きだからこそ、ある程度緩くてもいい。「共働きを維持するためにお金を使う」意味

 皆さん、お金の話は得意ですか? 苦手ですか? この連載では「ずっと苦手なまま、ここまで生きてきてしまった!」という「お金ニガテさん」に向けて、「そっからですか!」というところから、ファイナンシャルプランナーでハートマネー代表の氏家祥美さんに、恥を忍んで色々聞きます。

 仕事や子育て、家事にてんてこ舞いで、日常を回すのに精いっぱい。苦手意識のあるお金や家計についてじっくり考える時間はなかなか取れない。数字やお金の話は読む気力が起きない。でも、「老後破産」という言葉を見聞きするとドキッとしてしまう――。そんな「お金ニガテさん」も、肩の力を抜いてぜひともお楽しみください。共働きだからこそ、ある程度緩くてもいい。でも、もし今、小さな罪悪感やアンフェア感を抱いたり、共働き生活を「しんどい」と感じていたりするなら、もしかしてお金について考えることが解決の糸口になるかもしれません。

DUAL読者にもきっといますよね! こんな「お金ニガテさん」

・目の前の仕事、家事・育児など「共働きの毎日」をこなすのに必死
・計算や数字が苦手 なるべく数字とは関わらず生きていきたいと思っている
・パートナーとお金についての会話をするのも面倒に感じている
・共働き故に「何とかなるんじゃないか」と思っているので家計は把握していない
・「子どもに色々な体験をさせたい」と思っているが、どれぐらいお金を使ってよいのかが分からず、たまに罪悪感を感じる
・「老後破産」という言葉を見ると動悸が激しくなる、でもすぐに忘れてしまう

毎日を回すのに必死で、お金のことを考える時間がない

DUAL(以下――) いきなりですが、こんな感じの「お金ニガテさん」、結構いますよね。

氏家祥美さん(以下、氏家) 共働きの人からよく聞く悩みは、とにかく毎日を回すのに必死で、お金のことを考える時間がない、ですよね。

―― 自分の家庭のお金について、「ちゃんと考えなきゃ」という気持ちはあっても、すごく時間がかかりそうなイメージがあり、想像しただけで、やる気がうせる、という人も多いと思います。

氏家 毎日とにかく忙しいですものね。

―― あと、共働きだと、2人合わせればある程度の額にはなるので、「今月末、底を突くかもしれない」というような切迫感が少ない家庭が多いですよね。

氏家 共働きだと、結婚したときは合算してプラスになり、より豊かになるだけ。片働きの家庭だと、結婚が家計の仕組みを考えるきっかけになりますが、そんな機会もなく、そのままきてしまった、という共働き夫婦は意外と多いです。そして、子どもが「産まれるかも!」「産まれた!」となって急に「あれ、大丈夫かな?」と思い始める、というケースですよね。

―― そして「家計」というからには、パートナーにも作業してもらわなければいけないし、それなりに話し合わないといけませんよね。その時間が取れないし、考えるだけで面倒臭い、と。

氏家 分かります。お金については夫婦の価値観が違うことも多いですし、一度話したときにけんかになって終わった、というような経験があると、「けんかするぐらいならこのままでいいか」ということにもなりがちです。

―― そうなんですよね。それ以外にもやるべきことが山積みで…というのが本音ですよね。

氏家 ではまず、基本中のキホンから! なぜお金について考えたほうがいいか分かりますか?

―― 将来、困らないため、でしょうか。

毎日使っているお金だけど、お金のことを考える時間と余裕がない
次ページ 日本人はもっと「共働きを維持するため...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

共働きメリット発揮!「お金ニガテさん」向け幸せ家計講座

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード