[PR]売れない時代に株を買ったから今がある!

芸人から個人投資家に転身した井村俊哉さん、どうやって資産を1億円に増やしましたか?

 株式投資については「興味はあるけど、なんだか怖い…」と感じる人もいるかもしれません。今回はコントトリオ「シンブン」(元ザ・フライ)の一人としてキングオブコント2011で準決勝進出の経験があり、芸人引退後は個人投資家に転身した井村俊哉さんに、元手100万円から1億円に達成した道のりについてお聞きしました。山あり谷ありがあったようで、中にはあまり参考にならない、むしろ真似をしては危ない部分もありますが(笑)、投資に対するヒントが満載のお話をうかがいました!

 井村さんが株を始めたのは、芸人活動の下積み時代を支える収入として株式投資を思い立ったのがキッカケだったそう。

 「『芸人はしばらく下積み生活だから、収入を得るためにアルバイトが必須』と聞いていました。でも、1日1万円のバイトをしながら芸人を目指すのは大変…もし、株で同じくらい儲けられたらいいなと安易に考えてスタートしました」(井村さん、以下同)

 とはいえ普通の人なら、いきなり株に挑戦するのは怖いもの。ところが井村さんは、昔からお金に興味を持っていて、意外と抵抗は少なかったそう。

 「中学時代にさかのぼるのですが、家のポストにゲームショップのチラシが何枚か入っていたんです。A店では新品のゲームソフトが1980円で販売されていて、B店では同じソフトが3500円で高価買取中とある。『1980円で買って、3500円で売ったら儲かるのでは…』と試してみたら本当に儲かってしまった!そこから、お金への興味がどんどんわいていきました」

 そんな原体験もあり、芸人を目指していた21歳のとき、手元にあった100万円で地銀の株を購入したとのこと。

 「101万円で売れば、1万円の利益が出るという考え方でした。今となっては、『株はそんな単純なものじゃない!』と、突っ込みたいですけどね」

 その後は株主優待狙いで焼肉店を運営する会社の株を買ったり、リーマンショックで痛い目にあったりとさまざまな経験を重ねます。

 「ただ、芸人の養成所に入って本格的に活動し始めてからは、株価を見ている時間がなくなって、放置するようになりました」

結婚を本気で考えたときに、再び“株熱”が浮上

 「株で生計を立てるのは難しい」と考え、結局はアルバイトをしながら芸人活動に励んでいた井村さん。ところが、転機が訪れます。それは、2010年末に今の奥様となる女性に出会ったことでした。

 「それまでは、一生売れない芸人のままでいいと思っていました。芸人としての年収は3万円でしたけど(笑)。でも、今の妻である女性と出会ってお付き合いをすることになり、初めて将来のことを考えました。『現実を見なきゃ』『でも芸人はやめたくない』と思って、再び浮かんできたのが株式投資でした。以前は手ごたえがないまま終わってしまったけれど、これからしっかり勉強したら生活費ぐらいは稼げて、芸人も続けられて、未来が開けるのではと思ったのです」

 株の勉強を始め、さらに“中小企業診断士”の資格取得も目指した井村さん。財務諸表を読めれば株式投資にも役立つし、士業の資格があれば、いざとなれば仕事がある。「彼女の親御さんにも堂々と言えると思ったし、勉強はまったく苦ではありませんでしたね」

本格的に株を学び、10倍になったもの...
前へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DUAL Selection

-PR-
閉じる

会員になると、共働きライフに役立つ限定記事が読めるようになります。日経DUALとは

今すぐ会員登録する