スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

夜中の授乳にパパ参戦 寝不足ママを救うのは?

子育て・教育 有料会員限定記事

夜中の授乳にパパ参戦 寝不足ママを救うのは?

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】(4)離乳食の進み方が夜中授乳を卒業するカギ。調乳の手間がなくなるアイテムが遂に登場

赤ちゃんは生後3~4カ月ごろから夜間に長時間寝るようになります。それでも、3~4時間おきにおっぱい、ミルクを欲しがって泣くので、親はまとめて寝ることができずつらいですね。夜中の授乳はいつごろまで続くのでしょうか。前回に続き、小児科医の渡辺とよ子先生に話を聞きました。この春販売が解禁され話題の液体ミルクの活用法についてもお伝えします

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) アラフォー男性は要注意 風疹対策は夫婦で妊娠前に 
(2) 麻疹は胎児にも怖い病気 妊活前に知りたいこと
(3) 夜泣きは脳の発達と関係が 楽しすぎた日は要注意
(4) 夜中の授乳にパパ参戦 寝不足ママを救うのは? ←今回はココ

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

離乳食と授乳の栄養が逆転するまでは夜も授乳を

 新生児は、寝ては飲みの繰り返し。授乳回数が1日に10~15回という子も珍しくありません。それが成長に伴い、おっぱいをたくさん飲めるようになり、授乳回数も減ってきます。生後3~4カ月ごろに夜にまとめて寝るようになりますが、引き続き夜中に2~3回授乳する子もいます。。

 渡辺さんは「授乳のリズムは赤ちゃんによってそれぞれです。寝る前にしっかり授乳するとそのまま朝までぐっすりという子もいます。そういった子は、ミルクの子に多いです。夜中の授乳が栄養源として大切なのは離乳食が3回食になる頃まで。その後は、離乳食の進み具合や赤ちゃんの成長を見ながら、それぞれの親子で『夜中の授乳の卒業時期』を決めてよいでしょう」と話します。

 離乳食は、母乳・ミルクで育ってきた赤ちゃんが、徐々に固形食から栄養を取れるようにすることです。最初はドロドロにした食べ物をごく少量食べる段階から練習を始めて、徐々に幼児の食事へと近づけ、量や食品の種類も増やしていきます。生後5~6カ月に始まる1回食や2回食のうちは、母乳・ミルク以外の食べ物に慣れて、「食べる」こと自体に慣れるのが目的。この時期はまだ母乳・ミルクがメインの栄養源。「夜中の授乳も必要です」と渡辺さんは話します。

 10~11カ月ごろになると3回食になり、1回に食べる量が増えて、栄養源は、母乳・ミルクから離乳食に逆転します。「この頃に赤ちゃんの体重が順調に増えていて、離乳食からしっかり栄養が取れているなら、1日の授乳量を少しずつ減らせるようになります。夜中の授乳も卒業できるようになります。授乳量をどのよう減らすかと言うと、例えば、食後のミルクを哺乳瓶以外の道具(コップやストロー、スパウト)で飲ませると、赤ちゃんはまだ上手に飲めないので、1回に飲む量がそれまでの半分くらいになります」。母乳の子には授乳の回数を減らしてみるように指導するそうです。「離乳食を食べた後の母乳やミルクは、赤ちゃんが自分で減らしてくることもあります。飲む量が減っても、むしろ離乳食の内容を充実していけばよいのです」

 「離乳食が進まず、体格が小柄で体重が伸び悩んでいる場合には、食べている量や、授乳がどうなっているのか注意深い観察が必要です。昼間の授乳は控えて、離乳食を優先します。夜中の授乳はまだ必要ですが、離乳食からしっかり栄養を取れるようになると、夜中の授乳を卒業できるようになります」と渡辺さん。

<次のページからの内容>

● おっぱい大好きっ子と優しいママのペアは夜中の授乳が続きがち
● 口さみしくて泣く場合は、飲ませずに再眠させる方法を探ろう
● 液体ミルクの登場で夜中のパパ授乳もラクになる
● 母乳にこだわらず、ミルクで楽をしてもいい

次ページ おっぱい大好きっ子と優しいママのペア...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

年齢別特集/妊娠・育休

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード