スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

高齢出産に伴う悩み 精神面にも要注意

生活・家事 有料会員限定記事

高齢出産に伴う悩み 精神面にも要注意

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】(3)出産後1年未満の死因1位は自殺で、35歳以上や初産の女性が高い割合

妊娠期間中から出産まではリスクがなくなることはありません。では妊娠28週~39週の約3カ月間を指す妊娠後期はどんな点に気を付けて過ごせばいいのでしょうか。

日本産科婦人科学会により高齢出産と定義づけられている35歳以上での初産を迎える場合に特に気を付けたいこととは? 山王病院の大柴葉子副院長に聞きました。

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) 出産まで3カ月で胎児の体重はまだ半分 注意点は
(2) 妊娠後期、かぜ症状や便秘症状に潜む大きなリスク
(3) 高齢出産に伴う悩み 精神面にも要注意 ←今回はココ
(4) 「マタ旅」リスク管理 早産多いのは妊娠28週以降

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

妊娠後期、注意しておくべきこととは?

 妊娠後期に入ると、明らかにおなかが大きくなってくると同時に、日常生活では避けたほうがいいことや注意したいことが出てきます。

 山王病院の大柴葉子さんは「胎児のいる子宮への負担が大きくなるような仕事、作業はなるべく避けたほうがいいでしょう。例えば、前かがみになったり、しゃがみこんだりすることで腹部を圧迫するような作業や、不意に力んだりするような作業ですね。ふとんの上げ下ろしがあるご家庭では、家族に任せるなどしてください」

 またバランスが崩れて転倒しやすくなるため、高い所に上ったり、背伸びして高い所のものを取るなども避けたほうがいいそう。

 「お風呂は入っても問題ありませんが、高い温度設定にしたまま長時間入っていると、脳貧血や立ちくらみ、脱水を起こす可能性があり危険ですので注意しましょう」

 食事面では体重増加が特に気になる時期です。「2人分だからと量をたくさん食べるのではなく、良質のたんぱく質や鉄分、葉酸を多く含む食事を意識しながら、バランスのよい食事を摂りましょう」

 こうしたことは妊娠・出産本などにもよく解説されていますし、母親学級でも説明されますので、多くの妊婦さんの場合、確かに注意しておけば間違いないことばかりです。

 ただし「注意していても予想外のことが起きるのが妊娠・出産なんです。それが高齢出産であれば、そのリスクが高まります」と大柴さんは言います。

 では、少しでも想定外を減らすためには、どうしたらいいのでしょうか?

<次のページからの内容>

● 大切なのは妊娠までの健康状態! プレコンセプションケアとは
● 出血、胎動減少など夜中に不安な症状が…ネットで検索はOK?
● 正しい対処法を学べるアプリやLINEでの相談窓口を紹介
● 先進国における妊娠終了後満42日以後1年未満の死亡原因、多いのは?

次ページ 不妊治療、既往歴、婦人科疾患、がん既...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

年齢別特集/妊娠・育休

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード