スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

本気のサッカー少年、勉強との両立・将来の進路

子育て・教育 有料会員限定記事

本気のサッカー少年、勉強との両立・将来の進路

【小学校高学年のママ・パパ向け】(3)部活かクラブチームか 中学受験や高校受験との両立はできる?

 サッカーを頑張っているお子さんをお持ちの保護者も多いでしょう。では、小学校を卒業し、中学生になったら、サッカーとどのように付き合っていくかを考えているでしょうか。今回は、中学からの様々なサッカーの選択肢について、『少年サッカーは9割親で決まる』『部活があぶない』等の著書があり、少年サッカー保護者向け情報サイト「サカイク」で連載が人気の、スポーツジャーナリストの島沢優子さんにお話をじっくり伺いました。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 発言が苦手でもトレーニングでプレゼン上手になれる
(2) 「発言力」を奪う親の行動 教育熱心な人ほど注意
(3) 本気のサッカー少年、勉強との両立・将来の進路 ←今回はココ
(4) 熱意、ポジション、自主練… サッカー親のQ&A

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

サッカーをしている子どもは、三者三様

 「子どもがサッカーをしている」と一口にいっても、その比重やスキルは様々。実際に日経DUALの読者で、お子さんがサッカーをしている保護者3人に状況を聞いてみました。

●Aさんの場合(30代・女性)
小4男子。地元のクラブチームに、年長から所属。かなり本気のチームで、市で優勝し、県の試合でも勝ち上がりました。練習は平日3日+土日ですが、他の習い事があるため、平日は週1のみ参加。ポジションがゴールキーパーで、週1でゴールキーパー専門のスクールにも通っています。小3と小4の春に、レアル・マドリード・ファンデーション・チャレンジキャンプに参加するためスペインに行きました。今後は秋から始まるセレクションを受け、フロンターレエリート、マリノススペシャル、FC東京などにも挑戦させたいです。中学以降は、部活ではなく、Jリーグのユースに入れたらと夢見ています。本人が私立中進学を希望しており、塾に通って毎日勉強をしながら、サッカー2カ所、複数の習い事というのは忙しいですが、本人のやりたいことをどんどん進めてほしいです。

●Bさんの場合(30代・女性)
小4男子。小学校の名前がついたチームで、土日の校庭を借りて練習。コーチも運営も保護者です。同じ学年だけで25人ほど所属しています。上手な子からのんびりしている子まで様々で、公式戦ではレベル別に2チーム登録。上手なほうのチームは区で準優勝し、都大会へ出場しました。わが子はのんびりチームで、友達とのサッカーをわいわい楽しんでいます。自分から家でサッカーの話をしたり、朝練をしたりはしません。中学受験予定で塾に通っていて、中学に行ってサッカーをやるかは本人の意思次第です。ただ、今回のW杯でプロのサッカーの試合に興味を持ち、親が驚いたほどだったので、サッカーについて今後どんな気持ちを持つのかは未知数です。

●Cさんの場合(40代・女性)
小5男子。クラブチームのグラウンドで、平日2回+土日祝日に練習や試合があり、クラブチームのコーチに教わっています。区で約20チーム中、6、7位くらいの順位。小5は10人くらい所属しています。小4、小5と地区トレセン(その地区内で優秀な選手を育成する制度)に選ばれましたが、トレセン内の選抜には選ばれないレベル。サッカーが強い中学に行きたいと言っており、遅ればせながら小6から塾に通うかもしれませんが、勉強が間に合わない気もします。間に合うレベルの私立中(サッカーが強いところ)を目指しつつ、難しければ地元の公立中学で部活に入るか、クラブチームに入るか…と悩んでいます。


 このように、家庭によって、お子さんのサッカーへの思いや中学からの進路については、様々。スポーツジャーナリストの島沢優子さんに、少年サッカーではどんな道を進む選択肢があるのか、また見極め方等について、じっくり伺っていきましょう。

 現在小学校高学年でサッカーをしているお子さんが、中学校に進む際にどんな選択肢があるのでしょうか。島沢優子さんは、「まず、6年生になると、Jリーグの下部組織やジュニアユースから町のクラブまで、様々な場所で“セレクション”があります」と言います。

 「サッカーを本気で頑張りたいお子さんは、学校の部活ではなく、クラブチームを目指す傾向があります。私立中受験でいろいろ調べるのと同じように、保護者が様々なセレクションの情報を集めています。中学校の部活でサッカーを続ける方もいますが、公立では顧問の先生が異動で変わりますし、今は部活自体が見直されて、厳しく指導するよりも、みんなが楽しむことを重視する傾向にあります。そのため、本気でサッカーをやりたい子は、セレクションを受けてクラブチームを目指す方が多いのでしょう。また、公立中に進んだら、自分で勉強して高校受験をすることになります。そのことを親御さんが懸念して、高校受験をしなくていいようにと私立中受験を考えるケースも少なくありません。高校受験のためにサッカーを休むことなく、続けていけるというメリットがあります」

 つまり、選択肢として多いのは、中堅校の私立中を受験させるというケース。ただし、「親が受験させる」というスタンスではなく、「子どもが受験したい」という意思を持つことが大事だと強調します。

 「親が『こうやったら子どもが楽になるのでは』と先回りするのではなく、本人が『やりたい』『頑張りたい』という道を進ませたいですね。『君がこの中学に進んだら、サッカーと勉強との両立は可能なのかな?』などとじっくりと本人に考えさせたうえで、自分で選ばせることが大事です」(島沢さん)

 サッカー漬けで小4~6のときに私立中受験の塾に通っていないお子さんもいます。また、私立中受験をしても落ちてしまう場合もあるでしょう。公立中に進んだら、勉強やサッカーはどのようになるでしょうか。

<次のページからの内容>
● サッカー推薦で高校入学は現実的?
● クラブチーム、どこにも入れないことはある?
● 遠くの難関チームか、近くの中堅チームか
● チーム選びの際に親ができるアドバイス
● クラブチーム間の移籍は可能?
● 勉強とサッカーを両立することで、段取り力や体力もつく
次ページ クラブチームからの推薦で私立高校入学...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

年齢別特集/小学校高学年

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード