【DUALな名言】絵本ににんじんが出てきたら

日経DUALメルマガの名物コーナー【DUALな名言】から厳選セレクション

【DUALな名言】セレクションその15


「たとえば、読み聞かせた絵本に『にんじん』が出ていたら、

『スーパーに買い物に行って、にんじんを探してみようか!』といった具合に、

大人が誘導してあげるものです。

すると、単なるスーパーへの買い物が、

子どもにとっては探検に様変わり。

スーパーで必死に見つけたにんじんは、

達成感とともに絵本の中のにんじんと

リンクすることでしょう」

日経DUAL/連載「『親だってわかんない!』ときもあるさ」
絵本の読み聞かせがうまくいく5つのステップより


おっと、私も「絵本を何冊も読み聞かせていると、子どもが自然と本好きに育ってくれるのではないか」と漠然と思っていた親の1人でした。

でも、上の記事で紹介しているように、「読み聞かせと体験をつなげる」ことや、「モノクロの絵本を読む」「絵を見せない『素話』をする」などの挑戦をすると、本好きにちゃんと育ってくれる可能性が高まるとのこと。自分の読み聞かせ方も、さらに工夫していかないとなあ……。

(日経DUAL編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載バックナンバー

DUALな名言

【名言】保育園は親を気持ち良く迎え、送り出す場所2019.07.08

【名言】愛情深く接すれば考える力が自然と身につく2019.07.05

【名言】いつでも母は必ず耳を傾けてくれた2019.07.03

【名言】過度なプレッシャーは自尊心を殺す2019.06.28

【DUALな名言】子どもたちよ、大志を抱け!2019.06.03

DUAL Selection

-PR-
閉じる

会員になると、共働きライフに役立つ限定記事が読めるようになります。日経DUALとは

今すぐ会員登録する