スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

ママ業は子が18歳まで、仕事は一生続けたい

子育て・教育

ママ業は子が18歳まで、仕事は一生続けたい

高柳友子さん(下)無認可保育園、シッター…子育てを社会化 「仕事は家庭に持ち込む」娘が見る母の背中

ママ業は18歳まで。「娘たちはマイ・スーパーヒーロー」

 友子さんは、「ママ業は18歳まで」と思っています。長女は医学部に進み、家を出ました。次女は高校生なので、出張先から最終の新幹線で名古屋へ帰り、試験前の夜食を用意。翌日、朝ごはんとお弁当を作って、出張先に戻った日もあります。前々から決まっている、年に何度かの用事以外は、ほとんど泊まりの仕事はしていません。

 「後輩ママには、子離れを一刻も早く考えたほうがいいよと言います。野生動物を見習って、『一人で生きていくんじゃ』って背中を押す。そうやって一人前にするのが母親の務めです。仕事は一生、続けたい。次女が18歳になったら、寂しいけれど出張を増やせます。私の両親の介護も入ってくるでしょう」と友子さん。

 介助犬は、1万5千人が必要としていますが、認定を受けた介助犬は約70頭。障害ある人の、体と心のパートナーをさらに育てていく目標があります。

 「子どもがいなかったら、介助犬の仕事をしている私は、『正義だから言うことを聞いてもらって当然』という態度になっていたと思います。子育てで、にっちもさっちもいかない経験をして、自分が育てられました。娘たちは、私の想像を超えた素敵な人に育っています。マイ・スーパーヒーローですよ」

なかのかおり

なかのかおり

ジャーナリスト。記者として20年勤めた会社を退職し、フリーランスに。主な取材テーマは、医療・福祉・労働・教育・カルチャーなど。39歳で初産。産前産後の体験記・お出かけ情報についてのコラムや近況は「なかのBlog」をご覧ください。Twitterは@kaoritanuki

連載バックナンバー

光を運ぶマザーたち

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード