スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

お散歩やパソコン仕事も歓迎 「街中」水族館の挑戦

子育て・教育

お散歩やパソコン仕事も歓迎 「街中」水族館の挑戦

すみだ水族館&京都水族館、オリックス水族館社長インタビュー(下)大人も子どもも楽しめる空間を

 こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。前編に続き、旅育裏側探検隊は、東京スカイツリータウン内に2012年5月に開業した「すみだ水族館」にフォーカスします。コミュニティ創造の場として誕生した「すみだ水族館」の裏側には、様々な取り組みがありました。中でも、エデュケーションとエンターテインメントを合わせた「総合エデュテインメント型水族館」としての取り組みはユニーク。館内見学の模様を交えながら、オリックス水族館株式会社代表取締役の三坂伸也さんのインタビューを紹介します。家族はもちろん、時には一人で、あるいは夫婦で出かけてみてはいかが?

<上編はこちら> 街中の「すみだ水族館」 目指すは公園のくつろぎ感

飼育スタッフ、舞台演出家から指導も

 館内を見学していると、にぎやかな声がしてきました。マゼランペンギンへのごはんの時間が始まったのです。100%人工海水の大きなプールでは、赤ちゃんの誕生なども経て、現在55羽のマゼランペンギンが飼育されており、24時間この水槽で暮らし、様々な素顔をのぞかせ楽しませてくれます。

 すみだ水族館のごはんの時間は、数名の飼育スタッフがごはんのアジを一羽一羽手渡しであげていき、食べたペンギンの名前を伝えます。「〇〇〇は2匹食べたよ」とごはんをあげた飼育スタッフが言えば、記録担当の飼育スタッフはそれを復唱してメモし、どのペンギンが何匹食べたかをチェック。そして「まだ食べていない子の名前を言うよ」とフィードバックすると「ひまわり~。まだ食べていないよね。おいで~」とペンギンへと語りかけます。人と人、人とペンギンの活気ある軽快なコミュニケーションに思わずお客様も引きこまれ、くぎ付けになります。実はこの光景にも、裏側がありました。

 「見るから感じるというコンセプトの下、すみだ水族館と京都水族館では、飼育スタッフに、コミュニケーションデザインについて舞台演出家の先生に指導をしてもらっています」と三坂さん。生き物への思いをどう表現するか、また、お客様が話しかけやすい雰囲気づくりなど、内容は多岐にわたるといいます。

 「エデュケーションとエンターテインメントを合わせた総合エデュテインメント型水族館をコンセプトにしていますが、両者の役割は異なります。水族館はあくまで『エデュケーション』が軸であるべきだし、うちの水族館でいうエデュケーションは、生き物の知識よりもコミュニケーション、人づくりだと思っています。それを積極的に働きかける手法としてエンターテインメントが重要だと考えてのことです」と三坂さん。

活気あふれるペンギンのゴハンの時間(すみだ水族館)
京都水族館のイベントの様子(2016年開催:親子いきもの探偵団)
村田和子

村田和子

旅行ジャーナリスト。1969年生まれの一児の母。会社勤務を経て、2001年All Aboutスタート時より旅行ガイドに従事。2006年に独立し、子連れ、女性がテーマの旅をメーンに、各種媒体で情報提供・執筆を行う。「旅を通して、人・地域・社会が元気になる」をモットーに、テレビ・ラジオへの出演、講演等、幅広く活動。子どもが9歳のときに親子で47都道府県を制覇。全国各地を子連れで旅をした経験から、旅で親子の絆と生きる力を育む「旅育」を推奨し、「家族deたびいく」を運営。2013年、旅で学ぶヒントをまとめた「親子の旅育メソッド」を発表する。2014年春には「旅育からの中学受験」に親子で挑戦。ブログにてレポート。息子は国立大附属中学に在籍。

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

裏側探検隊~あの旅育サービスが知りたい!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード