スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

算数が得意な子は国語も伸びる

子育て・教育

算数が得意な子は国語も伸びる

受験に不可欠な論理的思考力は10歳から伸びていく。国語が得意で算数が苦手な女の子も考える型を身に付ければ算数が得意に

一般的に中学受験は、算数が得意な子が有利と言われています。では、現時点で算数が苦手な子は勝ち目がないのでしょうか?  「いいえ、そんなことはありませんよ」。そう話すのは、理数系教育を軸に中学受験指導を行う少人数制塾「エルカミノ」代表の村上綾一先生です。でも、それには10歳からの親の関わりが要になるといいます。それはどういうことなのでしょうか? 詳しく聞いてみました。

中学受験に算数が得意な子が有利なワケ

 村上先生はこう話します。  「確かに、中学受験では算数が得意な子が有利です。なぜなら、算数は入試4教科の中で、最も点差がつきやすい教科だからです

 「国語は文章を読み、設問に沿って答えていけば正解を出すことができます。理科・社会はある程度の知識があれば答えられます。でも、算数は考え方が分からなければ解くことはできません。また、考え方は分かっていても、途中で計算ミスをしてしまったら、正解を出すことができません。つまり、できたか・できないかで点差が大きく開いてしまう教科なのです

 また、中学受験では、学校側も算数入試を重視しています。

 「受験算数では、色々な単元の問題が出題されますが、結局のところ求められるものは、計算力と論理的思考力です。中学以降の勉強、特に数学は論理的な学問になります。そのため、論理的思考力が身に付いていないと、それ以降の勉強の理解が困難になります。その土壌ができているかどうかを見極めるために受験算数があると言ってもいいでしょう。特に大学合格実績が高い進学校ほど、入試で算数を重視する傾向がありますね

 では、算数が苦手な子には、挽回の余地はないのでしょうか?

※ おすすめ日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ![新版]』

日経DUAL連載の内容に加筆した充実の書籍『中学受験 基本のキ![改訂新版]』(日経BP社)では、「中学受験に興味はあるけど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までの親子向けの情報を、シーズンごとに整理して掲載しています。受験校の併願パターンでは74校を紹介しています。Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書で、中学受験に関するを情報の基本から応用までを、幅広く押さえてください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [改訂新版]』
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

次ページ 10歳までの“できた!”は感覚による...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード