スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

小6中学受験12月 週1~2本のペースで過去問を

子育て・教育

小6中学受験12月 週1~2本のペースで過去問を

中学受験専門のプロ家庭教師・安浪京子先生&富田佐織先生/11月の合否判定模試で合格可能性80%取れている子は要注意!?

11月の合否判定模試で合格可能性80%取れている子は要注意!?

 最後に安浪先生はこう話します。

 「12月初めの時点では、志望校に合格できるか否かを、合否判定模試の結果で判断することになります。しかし、その時点で合格可能性が40%であっても悲観する必要はありません。そもそも模試は、すべての子ども(すべての学校)に向けて作った問題であり、志望校の傾向を反映しているわけではありません。合格可能性40%というのは、合格可能性80%まであと30点くらい。30点なんて、1問6点の算数であれば5問正解できれば取れてしまいます。模試を振り返ると、計算ミスや勘違いといった、本来取れる問題もたくさん含まれているはず。それと同じことが他の科目でも言えるのです。つまり、あとちょっと頑張ればすぐに到達できるレベルなのです」

 「実を言うと、11月の合否判定模試の結果、合格可能性が40~60%というのが理想なのです。親からすれば、『そんなの全然安心できない』と不満に思うかもしれませんが、多くの子の場合、ここから伸びます。逆に現時点で80%に到達している子は、今後成績が下がる傾向にあります。80%取れてしまうと、親も子も『恐らく大丈夫だろう』と思い込み、慢心してしまうからです」

 「一方で、合格可能性がいまひとつの受験生には、必死になって点数を伸ばそうという気持ちが生まれるので、ラストスパートでグングン伸びていきます。ただし、ただ闇雲に勉強しても、結果にはつながりません。得点につなげるポイントは、勉強量ではなく、頻出問題の見極めです」

 「たくさんの不安があると思いますが、直前期のあせりにより親が不安定になると、子どもを追い詰め、やる気を削ぐことにしかなりません。最後に子どもの学力を伸ばすか否かは、親の忍耐力にかかっています。さぁ、ここから先の2カ月が勝負! この期間を有意義に使うことが合否の分かれ目となります」

安浪京子
算数教育家
中学受験専門カウンセラー
(株)アートオブエデュケーション代表取締役
安浪京子神戸大学発達科学部卒。関西、関東の中学受験専門大手進学塾にて算数講師を担当、生徒アンケートでは100%の支持率を誇る。プロ家庭教師歴15年以上。きめ細かい指導とメンタルフォローをモットーに毎年多数の合格者を輩出している。中学受験、算数、メンタルサポートなどに関するセミナーを多数開催。『きょうこ先生のはじめまして受験算数』(朝日学生新聞社)、『中学受験6年生からの大逆転メソッド』(文藝春秋)をはじめ著書、連載、授業動画多数。
富田佐織
(株)アートオブエデュケーション指導部長
富田佐織中学受験専門大手進学塾の算数講師を10年以上務める。4~6年生の全クラス帯の指導をし、筑駒・開成コースをはじめとする最難関校から中堅校まで幅広い志望校別コースを歴任。教材作成、進路指導にも精通。プロ家庭教師として多岐に渡る学校への合格実績を誇り、志望校に合わせた戦略的な指導は特に高い評価を得ている。

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード