スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

21世紀型の幼児教育は親子でディスカッション練習を

子育て・教育

21世紀型の幼児教育は親子でディスカッション練習を

汐見稔幸さん(上)学校教育改革に合わせて行われた幼保の改定。人との交流が激減する社会に向けて必要な教育について考える

人とのかかわり合いが不足することにより何を失うかを意識しよう

汐見 何が言いたいかというと、21世紀は「これまで自然と育っていた道徳心が勝手には育たない時代」だと危惧すべきなのです。「やっぱり、人に対して嘘をついちゃまずいよな」とか「優しくしてもらうとうれしいから、私も人に優しくしよう」と思える道徳心を、今まで以上に意識的に育てていかなければいけない。それは教科書を読み上げて壇上から教えるだけの表面的な道徳教育ではなくて、ハードな問題を一緒に乗り越えたり、議論をしたりする中で培われていくプロセスでなければ意味がない。

駒崎 そういった流れは、日本以外の諸外国でも進んでいるのでしょうか?

汐見 日本は遅れているくらいです。知識重視型の教育では社会に出てからの課題解決に応用が利かないことは先進諸国でもすでに認知されていて、世界の経済発展を活動の目的としているOECD(経済協力開発機構)が今最も関心を寄せているテーマがずばり「教育」です。「21世紀に必要な知性とは?」と考えてきたOECDが重視しているキーコンピテンシーの一つが「討議する力」。それがどれくらい身に付いているかをテストするPISA調査では、日本の子どもたちの成績が芳しくないことも2000年前後に問題になりました。GoogleやAppleをはじめとする世界的なIT企業でも、21世紀型の知性を磨く人材育成にものすごく力を入れ始めていることも、よく知られている事実です。

就学前からのディスカッション教育で傾聴力、自分の意見を持つ子どもに

汐見 先ほども言ったように、これからは思い込みや勘違いが暴走するリスクが高い社会になる。だから、自分の意見を持ち、その根拠も自分の言葉で説明できる人間を育てていかなければならない。例えば、何か子どもが悪ふざけをしたときに、「ダメでしょ。なんでママの言うことを聞けないの?」と押さえ付けるのではダメです。「どうしてママの言うことを聞けないのか、理由を教えて?」と子どもの意見に耳を傾けてほしいと思います。

 子どもも大人もね、最初から自分の意見が明確にあるわけではないんですよ。人に聞かれ、あやふやでも答えていこうとするから、自分の感情が意見としてまとまっていく。根っこにある感情を論理立てて説明するというトレーニングを重ねて、ようやく人と討議できる力が身に付いていくんです。

駒崎 ディスカッション教育は家庭の中でできるし、むしろ就学前の段階からやっていくべきだということですね。

次回は、子どもたちが身に付けるべき「資質・能力」や非認知能力について聞いていきます。

(構成・文/宮本恵理子 写真/鈴木愛子)

駒崎弘樹

駒崎弘樹

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。2010年からは待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開。「おうち保育園」モデルは、2015年度より「小規模認可保育所」として、政府の子ども子育て新制度において制度化され、全国に広がった。2014年には、これまで保育園に入れなかった医療的ケアのある子ども達を中心とした障害児を専門的に預かる「障害児保育園ヘレン」を東京都杉並区に開園。2015年4月から、医療的ケアのある障害児の家においてマンツーマンで保育を行う「障害児訪問保育アニー」をスタート。政策提言や担い手の育成を行うため、2012年、一般財団法人 日本病児保育協会、NPO法人 全国小規模保育協議会を設立、理事長に就任。2015年、全国医療的ケア児者支援協議会を設立、事務局長に。
 公職としては、2010年より内閣府政策調査員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員、内閣官房「社会保障改革に関する集中検討会議」委員などを歴任。 現在、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長、内閣府「子ども・子育て会議」委員を務める。
 著書に『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(英治出版)、『働き方革命』(ちくま新書)、『社会を変えるお金の使い方』(英治出版)等。翻訳書に「あなたには夢がある」(英治出版)。一男一女の父であり、子どもの誕生時にはそれぞれ2カ月の育児休暇を取得。

連載バックナンバー

駒崎弘樹 社会を変えるダイアローグ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード