パパも家計管理を! スマホアプリで始めてみよう

家計を把握し夫婦で共有することが家庭の節約術の第一歩

日経DUALの読者の皆さん、こんにちは。3歳の娘と5歳の息子を共働きで子育てしながら、毎日必死なイクメンFP、ヤマサキです。家事・育児に関わる時間は、少なくとも年間1500時間! 本連載ではイクメンFPとして、「子育てとお金」と「男の家事・育児のやり方」をテーマに、基本的には毎月交互に展開していきます。今回は、「家計管理アプリ」について考えます。

どれくらい家計を負担しているか把握していますか?

 イクメンの「家事育児」「マネー」について交互に考えている本連載ですが、今回は「マネー」編。「家計管理」について取り上げてみたいと思います。

 共働きが増え続けている現代は、家事育児の分担を夫婦がシェアするようになってきています。それなのに家計簿をつける役割はなぜか妻という家庭が多いようです。

 そもそも、家計は一つではありません。専業主婦と会社員の夫という「片働き世帯」が標準だった時代は「収入源は一つ、家計も一つ」だったわけですが、今は共働き夫婦が多数派になっており、DUAL世帯では「収入源は二つ、家計の支払口座も二つ」となっているはずです。

 仮に妻が自分の支出を全部記帳したとしても、夫の口座管理がおざなりになっていた場合(夫のキャッシュカードもクレジットカードも、すべて妻が管理しているのでなければ)、家計を完全に把握することはできなくなってしまいます。

 今回は「パパの家計把握」について考えてみましょう。

家計を妻に任せっぱなしにしていませんか?
面倒な手入力がぐっと楽になる秘訣
前へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載バックナンバー

イクメンFP山崎俊輔の「イクメンハック!」

テレビ番組&動画サービスは「オンデマンド」で活用2019.07.18

「老後に二千万円」の誤解と対策 共働きの強みとは2019.06.21

パパも家計管理を! スマホアプリで始めてみよう2019.05.27

パパ社員こそテレワークを! そのメリットと注意点2019.04.23

確実にたまる貯蓄術 「入金のみ」の子ども名義口座2019.02.25

DUAL Selection

-PR-
閉じる

会員になると、共働きライフに役立つ限定記事が読めるようになります。日経DUALとは

今すぐ会員登録する