スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

1~3歳の記事一覧

新世代パパは「イクメンよ ありがとう&さよなら」

パパ NEW!

新世代パパは「イクメンよ ありがとう&さよなら」

 2010年、厚生労働省が「イクメンプロジェクト」を立ち上げ、「イクメン」という言葉は一気に浸透しました。その前年に育児・介護休業...

私立・国立小に行く場合、学費はどのくらいかかる?

子育て・教育 NEW!

私立・国立小に行く場合、学費はどのくらいかかる?

 生きていれば、必ずあるのが悩みのアレコレ。子育て、仕事、人間関係…など様々な読者の悩みに、著名人や専門家が答えます。<読者の悩み...

ノロ・ロタ 嘔吐期を地道な水分補給で乗り切って

子育て・教育

ノロ・ロタ 嘔吐期を地道な水分補給で乗り切って

 秋も深まり、冬の足音が聞こえてきました。小さい子どもを持つ親にとっては「インフルエンザ」や「ノロ」「ロタ」などの感染症が怖い季節...

かこさとし 災害多い日本でどう生き、対処すべきか

子育て・教育

かこさとし 災害多い日本でどう生き、対処すべきか

『だるまちゃんとてんぐちゃん』(福音館書店)、『からすのパンやさん』(偕成社)などの絵本の著者として知られるかこさとしさんが、20...

母乳っ子の鉄分不足、日光不足のくる病に気を付けて

子育て・教育

母乳っ子の鉄分不足、日光不足のくる病に気を付けて

 生後5~6カ月ごろに始まる離乳食。その目的のひとつは、母乳やミルクだけでは足りない栄養素を摂れるようにすることです。母乳に含まれ...

急性中耳炎は耳を痛がる、触るがサイン 治療法は?

子育て・教育

急性中耳炎は耳を痛がる、触るがサイン 治療法は?

 保育園に通っていると、子どもは季節を問わず風邪をもらってきますね。「鼻風邪だと思っていたら、急性中耳炎にもなっていた」という経験...

インフルエンザは“風邪の王様” どう立ち向かう?

子育て・教育

インフルエンザは“風邪の王様” どう立ち向かう?

 秋も深まり、冬の足音が聞こえてきました。小さい子どもを持つ親にとっては「インフルエンザ」や「ノロ」「ロタ」などの感染症が怖い季節...

東武東向島駅 鉄道好き親子に人気の交通博物館が隣...

子育て・教育

東武東向島駅 鉄道好き親子に人気の交通博物館が隣...

「ダンジョン(迷路のように入り組んだ構造物)」と呼ばれることもあるほど複雑な東京の駅を、DUAL視点でエレベーターやトイレなど設備...

虐待児を受け入れる「養育里親」が圧倒的に足りない

その他

虐待児を受け入れる「養育里親」が圧倒的に足りない

日経DUAL創刊時から、連載「ママ世代公募校長奮闘記」を執筆してきた大阪市立敷津小学校・元校長の山口照美さん。2016年4月からは...

乳児の肌ケア 基本はもっちり泡と1日2回保湿

子育て・教育

乳児の肌ケア 基本はもっちり泡と1日2回保湿

 朝夕の冷えが厳しくなり、吹く風に乾燥を感じる日が増えてきました。既にエアコンを入れている家庭も多いのでは? となると気になるのが...

イキイキ働く親を見て、大人になるのが楽しみだった

子育て・教育

イキイキ働く親を見て、大人になるのが楽しみだった

 ビジネスSNSを展開するウォンテッドリーの創業社長である仲暁子さん。京都大学卒業という学歴を持つ仲さんですが、研究者の両親は、勉...

認可保育園、23区で最も入りにくいのは港区

子育て・教育

認可保育園、23区で最も入りにくいのは港区

 普光院亜紀さんが代表を務める「保育園を考える親の会」が毎年実施している「100都市保育力充実度チェック」の調査で、2018年度に...

全身全霊で遊べるのは、今しかないかもしれない

子育て・教育

全身全霊で遊べるのは、今しかないかもしれない

 保育園では年少・年中・年長となる3~5歳児。親からすれば、乳児から幼児へと移り変わる時期でもありつつ、小学校入学を意識しながら子...

23区で最も認可保育園に入りやすいのは豊島区北区

子育て・教育

23区で最も認可保育園に入りやすいのは豊島区北区

 普光院亜紀さんが代表を務める「保育園を考える親の会」が毎年実施している「100都市保育力充実度チェック」の調査で、2018年度に...

栗原泉 ADDの子に常にOK出すことができた理由

子育て・教育

栗原泉 ADDの子に常にOK出すことができた理由

 俳優・モデルとして活躍する栗原類さん。独特のキャラクターで人気を呼んでいる類さんですが、2015年に自身が発達障害の一つ、ADD...

栗原類の母 女手一つで発達障害の子育てた親の覚悟

子育て・教育

栗原類の母 女手一つで発達障害の子育てた親の覚悟

 俳優・モデルとして活躍する栗原類さん。独特のキャラクターで人気を呼んでいる類さんですが、2015年に自身が発達障害であることをメ...

「親がやってあげると子どもが自立できない」はウソ

子育て・教育

「親がやってあげると子どもが自立できない」はウソ

今、世の中には子育てに関する情報が溢れ、親は何を基準に子どもを育てていけばよいのか悩みます。「でも、子育てで大事なことはたった一つ...

こんなに昔と変わった!?ケガとやけどの対処方法

子育て・教育

こんなに昔と変わった!?ケガとやけどの対処方法

 子どもが転んで、血が出た! そんなときどうしますか。ママ・パパが子どもだったころは、「消毒する」「傷を乾かす」「かさぶたを作る」...

プロジェクト化すれば「自分で歩く」気持ちが育つ

パパ

プロジェクト化すれば「自分で歩く」気持ちが育つ

 子どもを自然に触れさせたいけど、都会ではなかなか難しい――。そんなふうに諦めてしまっていませんか。「都会の公園でも、道端の街路樹...

高根澄子先生に聞くモンテッソーリ教育のエッセンス

子育て・教育

高根澄子先生に聞くモンテッソーリ教育のエッセンス

 マーク・ザッカーバーグ、ピーター・ドラッカー、ビル・ゲイツ、バラク・オバマ……。 幼少期にモンテッソーリ教育を受けたといわれる偉...

親子関係の貧困化は学力に関わる 朝食は簡素でOK

子育て・教育

親子関係の貧困化は学力に関わる 朝食は簡素でOK

 教育社会学者の舞田先生が統計データを使って、子育てや教育にまつわる「DUALな疑問」に答える本連載。第62回では、親子関係の貧困...

絵本カフェ5選! 親子で過ごす読書の秋

趣味

絵本カフェ5選! 親子で過ごす読書の秋

┃DUALおでかけサポート┃ 2018年10月18日発行 「今日は親子でゆっくりくつろぎたい」という日は、お茶をしながら本の世界を...

誤飲、窒息、溺水…家の中での思わぬ事故を防ぐには

子育て・教育

誤飲、窒息、溺水…家の中での思わぬ事故を防ぐには

 冬に向かうと、家の中で過ごす時間も増えてきます。幼い子どもたちにとって、家の中は危険がいっぱい。思わぬ事故が起きないように、注意...

パパ写真家・幡野広志 34歳で多発性骨髄腫になる

パパ

パパ写真家・幡野広志 34歳で多発性骨髄腫になる

 厚生労働省の発表によれば、ガンは1981年から日本人の死因の第1位。生涯のうちにガンにかかる可能性は、男性の2人に1人、女性の3...

眞鍋かをり 仲良し多いママ友が羨ましい読者の悩み

子育て・教育

眞鍋かをり 仲良し多いママ友が羨ましい読者の悩み

 生きていれば、必ずあるのが悩みのアレコレ。子育て、仕事、人間関係…など様々な読者の悩みに、著名人や専門家が答えます。今回は、眞鍋...

目指せ「後伸びする子」小学校入学までにすべきこと

子育て・教育

目指せ「後伸びする子」小学校入学までにすべきこと

 学級崩壊、低学年の暴力、不登校、小1プロブレムなど、小学校には様々な問題があります。そうした問題に直面した場合、親はどうしたらい...

親子で行ける大学祭5選! 子ども向け企画も充実

趣味

親子で行ける大学祭5選! 子ども向け企画も充実

┃DUALおでかけサポート┃ 2018年10月11日発行 子連れで行く機会がなかなかない大学のキャンパス。この秋は「子どもと一緒に...

有楽町線豊洲駅 地上へのエレベーター数が多い

子育て・教育

有楽町線豊洲駅 地上へのエレベーター数が多い

「ダンジョン(迷路のように入り組んだ構造物)」と呼ばれることもあるほど複雑な東京の駅を、DUAL視点でエレベーターやトイレなど設備...

せきが長引く もしかしてぜんそく?ぜんそく気味?

子育て・教育

せきが長引く もしかしてぜんそく?ぜんそく気味?

 季節が変わり、風邪などを引きやすいシーズンです。せきが続いて、子どもを病院に連れていったら「ぜんそく気味ですね」と言われたことは...

5歳差兄妹でママ友たちの価値観が一変した

仕事

5歳差兄妹でママ友たちの価値観が一変した

 夫婦は共に働き、共に育児や家事をする――。この意識は、ここ何年かで若い世代を中心に随分と普及したのではないでしょうか。なのに、子...

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

総合ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード