スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

子育て・教育 「病気」の記事一覧

関連タグ

子が欲しがる物を買わないことが子の可能性を摘む

パパ

子が欲しがる物を買わないことが子の可能性を摘む

 厚生労働省の発表によれば、ガンは1981年から日本人の死因の第1位。生涯のうちにガンにかかる可能性は、男性の2人に1人、女性の3...

ガンはリトマス紙 その人の生き方がすべて表れる

パパ

ガンはリトマス紙 その人の生き方がすべて表れる

 厚生労働省の発表によれば、ガンは1981年から日本人の死因の第1位。生涯のうちにガンにかかる可能性は、男性の2人に1人、女性の3...

栗原類の母 女手一つで発達障害の子育てた親の覚悟

子育て・教育

栗原類の母 女手一つで発達障害の子育てた親の覚悟

 俳優・モデルとして活躍する栗原類さん。独特のキャラクターで人気を呼んでいる類さんですが、2015年に自身が発達障害であることをメ...

幡野広志 放射線治療で容体改善 悩み相談で多忙に

パパ

幡野広志 放射線治療で容体改善 悩み相談で多忙に

 厚生労働省の発表によれば、ガンは1981年から日本人の死因の第1位。生涯のうちにガンにかかる可能性は、男性の2人に1人、女性の3...

パパ写真家・幡野広志 34歳で多発性骨髄腫になる

パパ

パパ写真家・幡野広志 34歳で多発性骨髄腫になる

 厚生労働省の発表によれば、ガンは1981年から日本人の死因の第1位。生涯のうちにガンにかかる可能性は、男性の2人に1人、女性の3...

共働き家庭の離乳食 「三大悩み」を解消!

子育て・教育

共働き家庭の離乳食 「三大悩み」を解消!

 いざ、初めての離乳食が始まると、忙しい共働き家庭はお悩みがいっぱい。一般社団法人母子栄養協会代表理事で、離乳食アドバイザーの川口...

せきが長引く もしかしてぜんそく?ぜんそく気味?

子育て・教育

せきが長引く もしかしてぜんそく?ぜんそく気味?

 季節が変わり、風邪などを引きやすいシーズンです。せきが続いて、子どもを病院に連れていったら「ぜんそく気味ですね」と言われたことは...

食べさせたらじんましんが出た 食物アレルギーかも

子育て・教育

食べさせたらじんましんが出た 食物アレルギーかも

 大人も子どもも花粉症やアトピー性皮膚炎に悩む時代。アレルギーはもはや日本の“国民病”とも言えるでしょう。中でも、子どもを持つ親に...

宋美玄 産後うつ、回復のカギを握るのは夫の協力

子育て・教育

宋美玄 産後うつ、回復のカギを握るのは夫の協力

 『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』の著書などで有名な産婦人科医の宋美玄先生。自身も長男・長女の2人の子どもの母として、...

アラフォーに効く「隙間時間ストレッチ」のすすめ

生活・家事

アラフォーに効く「隙間時間ストレッチ」のすすめ

 仕事と子育てで忙しい毎日を送っていると、自分の健康のことはつい後回しになりがちという人も多いのではないでしょうか。女性にとって4...

子どもの歯列矯正 なぜ、いつ、どうやってする?

子育て・教育

子どもの歯列矯正 なぜ、いつ、どうやってする?

 歯は生きていくうえで欠かせない、誰にとっても大切なものです。しかし健康な歯は放置しておいては手に入りません。特に幼少期から小学校...

虫歯予防のためには「8歳まで仕上げ磨き」を

子育て・教育

虫歯予防のためには「8歳まで仕上げ磨き」を

 歯は生きていくうえで欠かせない、誰にとっても大切なものです。しかし健康な歯は、放置しておいても手に入るものではありません。特に幼...

今は人生のアディショナルタイム 毎日全力で生きる

パパ

今は人生のアディショナルタイム 毎日全力で生きる

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

コンタクトレンズは何歳から? 矯正手術の可能性は

子育て・教育

コンタクトレンズは何歳から? 矯正手術の可能性は

 わが子の視力が低下したとき、最初に考えるのは「眼がねをどうするか」。一方、近年は小学生でもコンタクトレンズを使う層が、少ないなが...

「ステージ4」から3年経っても働けることに感謝

パパ

「ステージ4」から3年経っても働けることに感謝

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

宋美玄 産後うつの原因は、実は根深い?

子育て・教育

宋美玄 産後うつの原因は、実は根深い?

『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』の著書などで有名な産婦人科医の宋美玄先生。自身も長男・長女の2人の子どもの母として、妊...

プール入れない?  夏に注意したい感染症、夏風邪...

子育て・教育

プール入れない? 夏に注意したい感染症、夏風邪...

 暑さ真っ盛り。夏ならではのプールや水遊びを楽しみたい季節です。しかし同時に、水には様々なウイルスが介在しやすく、感染症のリスクも...

熱中症予防 脱水のサインとエアコンの上手な使い方

子育て・教育

熱中症予防 脱水のサインとエアコンの上手な使い方

 まだまだ暑さが続きます。「熱中症」に気を付けましょう。特に乳幼児は熱中症の原因である脱水症になりやすく、進行もとても早いといいま...

宋美玄「産後クライシス」と「産後うつ」はどう違う...

子育て・教育

宋美玄「産後クライシス」と「産後うつ」はどう違う...

『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』の著書などで有名な産婦人科医の宋美玄先生。自身も長男・長女の2人の子どもの母として、妊...

夏の妊婦 「冷やさない」「塩分は控える」は間違い

生活・家事

夏の妊婦 「冷やさない」「塩分は控える」は間違い

 7月に入り、一気に夏らしくなってきました。暑さ本番となる7~8月は、妊娠中の女性が体調管理に気を付けたい時期です。妊婦にとって厳...

「今日と明日」がすべて 今できるベストを尽くす

パパ

「今日と明日」がすべて 今できるベストを尽くす

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

「落ち込んでもマイナスの時間は短く」と病気で決心

生活・家事

「落ち込んでもマイナスの時間は短く」と病気で決心

 40代のときに乳がんが分かり、手術や抗がん剤を体験した美容ジャーナリストの山崎多賀子さん(57)。今はがん体験者のファッションシ...

山崎多賀子 「がん患者のキレイ」メイクで発信

生活・家事

山崎多賀子 「がん患者のキレイ」メイクで発信

 美容ジャーナリストとして活躍していた40代のときに乳がんが分かり、手術や抗がん剤治療を体験した山崎多賀子さん(57)。当時、抗が...

はしか、風疹…妊活を考えているなら予防接種を

生活・家事

はしか、風疹…妊活を考えているなら予防接種を

 これから妊娠したいと考えているなら、前もってしておきたいことは色々ありますが、忘れてはいけないのが「感染症対策」です。「妊娠準備...

「ママにつらい思いをさせないで」息子が神様へ手紙

パパ

「ママにつらい思いをさせないで」息子が神様へ手紙

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

がんの親座談会 自分に価値がある限り働き続けたい

パパ

がんの親座談会 自分に価値がある限り働き続けたい

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

夫は妻の余計なおせっかいに、妻は夫の冷たさに悩む

パパ

夫は妻の余計なおせっかいに、妻は夫の冷たさに悩む

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

子宮筋腫、放置していると妊娠しづらい?

生活・家事

子宮筋腫、放置していると妊娠しづらい?

 30~40代女性の「4人に1人」はあるといわれる「子宮筋腫」。不妊や流産との関係、筋腫がある状態で妊娠したらどうなるのか、産後・...

発熱、咳、下痢… 登園できるかどうか判断基準は?

子育て・教育

発熱、咳、下痢… 登園できるかどうか判断基準は?

こんにちは、阿真京子です。4月から職場復帰をするワーキングマザーの方も多いと思います。復職直後は親子ともども慌ただしい毎日が始まり...

子どもの花粉症5~9歳で増加 目鼻にワセリン対策

子育て・教育

子どもの花粉症5~9歳で増加 目鼻にワセリン対策

 「鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版」によると、5~9歳のアレルギー性鼻炎の有病率は、スギ花粉症13.7%、スギ以外の花粉...

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

総合ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード